高垣彩陽コンサートツアー2013横浜公演 感想

参加イベントのなかった4月が終わり、声優系では7週ぶりとなるイベントはあやひの 2nd コンサートツアー@横浜公演 でした。横浜は本公演のラスト。

音大出身の経歴を持つ、スフィア…というより、声優アーティスト界でもトップクラスの歌唱力を持つあやひのソロコンサートとなると期待は大きくなるのです。

 

初夏の陽気と晴天に恵まれ、ジャケットは不要と判断し、長袖シャツという服装で出発。パシフィコ横浜へは京浜東北線一本なので自宅からのアクセスはよいです。

会場裏手のベイブリッジが見える広場へは16時15分頃着。海がすぐ近くだからなのか、風が強いです。日が傾いたこともあり、着るもの 2枚ではちょいと冷える。ここで夏期ライブの必需品、扇子を忘れたことに気付く(゚Д゚) 双眼鏡はもってきたのに。

 

17時半に入場。

チケットに示された席番に辿り着くと……なんと席がない(笑

収録用のカメラが居座っていて、我々の席には紐で立入禁止となっている。すぐに近くのスタッフがやってきて、代わりの席を提示してもらい、チケットも交換してもらいました。

代わりの席は、縦に5ブロックある1階席の中央ブロック。PAブースすぐ前の通路沿いの席。ほぼ正面で、座席アップグレードをゲット(^_^)v

 

スポンサーリンク

セットリスト

18時10分に開演。

01. overture
02. ソプラノ
03. 光のフィルメント
04. Be with you
05. 月のなみだ
06. Sound of Music(ミュージカル「Sound of Music」より)
07. Think of Me
08. Defying Gravity ★
09. Bright
10. Sound Of Mind
11. Meteor Light
12. 共鳴のうた
13. Brand New Smile
14. わたしだけの空
15. たからもの
16. 君がいる場所

≪アンコール≫
17. Bravin’ Bad Brew ★ (TVアニメ「Venus Versus Virus」OP、原曲:Riryka)
18. Someday You Might Love Me ★ (ミュージカル「Zanna, Don’t!」より)
19. 夢のとなり

 

感想など

4月に発売された初のオリジナルアルバム「relation of colors」中心の選曲。

加えて、★で示した会場ごとに変えた曲、アニソンカバーもありました。私は横浜公演1箇所のみでしたが、複数会場参加した方には、アンコールのアニソンカバーを聴けたメリットがあったでしょう。

名古屋公演での「フライングヒューマノイド」と「いとおしい人のために」を聴きたかった。

 

横浜でも、カバーアルバム「melodia」からの「Defying Gravity」が聴けたからよかった。「melodia」は気分を落ち着けたいときにしばしば聴くアルバムで、お気に入りの一枚となっています。

外国語詩のカバー曲は、あやひのぶっ飛んだ歌唱力を発揮できる場と思っているんで、またカバーアルバムが出ることを期待したいです。

 

…で、外国語詩のカバー曲ですが、「Sound of Music」から続く3曲は聴いててまさに鳥肌もの。背中と二の腕から手首にかけて、何かこう…ぞわぞわとするものを感じながら聴き入ってました。

その2曲目に位置する「Think of Me」は前半部でもっとも注目すべきパフォーマンスであったことに疑いはないだろう。

サビ(…と呼んでいいのかわからんが(^^;; )の部分で天井の照明がステージ中央のあやひに集中するところ。伸びる伸びる…歌声の高音。もう一回書いとこう。背中と腕どころじゃない、全身に鳥肌だ。

 

いま、レポ書きながらこれらの曲を聴いてますが、ライブでのあやひの生歌を聴いてしまうと、狭い自宅で圧縮音楽なんか聴いてる場合じゃない。ライブですよ。ラ・イ・ブ!

 

盛り上がる曲ではスタンディングでピンクのペンライトを振り、聴かせる曲では光り物もナシで座って聴く。本公演ラストだからなのか、観客の動きにメリハリがありました。盛り上がる曲では適度に運動しないと、身体がなまってしまって、腰が痛くなってしまいます(笑

 

アンコールでのメンバ紹介。

バンマスの黒須さんは、本公演のタイトルが “relation of colors”であることにちなんで、各会場でズボンの色を変えてきたそうです。

青いズボンの時は、名前も「青須」で登場だったとか。そして観客はその色のペンライトを振る。

 

横浜では何色だったかというと、カラフルな水玉模様のズボンでした。

名前は「リレーション・オブ・カラー須」とうまくまとめた。観客は多色ペンライトの(おそらく)キンブレX の根元にあるスイッチをカチカチと押して、色をカラフルに変えます。

 

客席のペンライトの色がカラフルに変わっているのを見て感激するあやひ。これで多色ペンライトに興味を持ってくれたら、次回のライブツアーでは、所属のソニーミュージックつながりでグッズにフリフラ来るか?ヾ(^^;ぉぃぉぃ

無線制御のあやひ版フリフラ。

 

 

終演は20時40分。ちょうど2時間半。MC が長めだったのでしょうか。他会場より長かったようです。

 

「今日、ここに来ることを選んでくれた皆様に感謝の気持ちを伝えたい…」

MC の中から一言選ぶとすれば、私はこれを選びたい。5000人の収容力を持つパシフィコ横浜にこの日来た人の中には、

楽しみに待っていた人、
誘われたから来た人、
もしかしたらちょっと不安を持ちながらも来た人、
……etc

いろんな思いをもって来た人がいたに違いありません。

そんな人たちが一堂に会して、私(= ここではあやひ)の歌を聴きに来てくれたつながり、つまり relation を大事にし、感謝します。

…という気持ちからなんだろう、と私は感じました。

 

追加公演の舞浜にも参加します。映像収録は横浜で済ませたから、レア曲もしくはプラスアルファがあることを期待して楽しみに待ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました