堀江由衣FCイベント 黒ネコ集会Vol.16 感想&レポ

2月5日は、ほっちゃんのファンクラブイベント「黒ネコ集会Vol.16~由衣とチョコレート工場」へ参加してきました。1つ前のサイン会の記事にも書いたのですが、体調不良が長く続いていて、4ヶ月間イベントを自粛した復帰第一戦となります。

 

9時に現地着を目指して移動開始。後にこの決断が大きな意味を持つことを知るのでした。

予定通り、9時07分頃に中野サンプラザ前の物販待機列に到着。天気予報は雨でしたが、この時点では晴れていました。大阪、名古屋あたりは雨らしいので、どうにか物販列が建物の中に入るまで天気が持ってほしいところ。

(土曜日?)

 

11時にスタッフによる列整理(列の圧縮)で、予定を1時間近く前倒しして12時半頃に物販開始。同じくしてポツポツと雨が当たってきましたが、傘をさすほどではなさそう。

13時20分頃に買い抜け。今回のグッズの目玉商品「抱き枕カバー」を買えました。しかし、この直後に売り切れ、私のいた9時過ぎあたりの現地着がボーダーラインだったことを知ることになります。電車1本遅れていたら微妙だったでしょう。

 

物販終了から開場までが長いのですが、サンプラザ前でしゃべくっていて、16時50分頃に入場。ピンク色のエコーちゃんがやまびこ講座をやっているとは予想外でした。

なお、私はクロネコ小会議には参加していません。なので、それを踏まえた今回の黒ネコ集会がどうなったのか、という経緯は知りません。

 

それではイベントを振り返ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ライブパート1

新譜のリリースがあったわけでもなく、セットリストの予想が全然できないので、何の曲が来るのか楽しみだった。サブタイトルに「チョコレート」があることで、それに関係する曲か、と思っていた。そうすると、「chocolate insomnia」が聴けるのかも??

開演は17時32分頃。緞帳代わりのスクリーンに雲間を渡る大空の風景が映し出され、スクリーンの向こう側でほっちゃんが歌っている。今回はライブパートから始まるようだ。

1. ラララ愛の歌
2. LOVE ME DO
3. Love Countdown

 

緞帳は2曲目で上がった。1曲目はみんな着席していたが、2曲目からスタンドアップ。3曲歌ったところでMCが入る。

※以後、(括弧内)は筆者による補足。しゃべりを逐一記録したわけではないので、適当に創作した箇所があります。

 

ほ:黒ネコ集会Vol.16〜由衣とチョコレート工場へお越しくださり、ありがとうございます。どうも、堀江由衣です。
ほ:(クロネコ小会議を踏まえた今回の集会なので)クロネコ小会議に参加した人?
ー お客:行った人が挙手

ほ:(クロネコ小会議では)たいしたことはしていません。思うような意見を出せなかった人が天たまにお詫びのメールをしてくれました。私は上司の気分を味わいました。お酒に誘ってあげたいです。

ほ:小会議ではタイトルなどを決めました。
ほ:LOVEとか愛とか恋が入っている歌を歌います。チョコレート系は入っていません。(チョコレートの入った曲の例を挙げる)
ほ:思ったより(曲数が)多くなりました。

ほ:選ばれなかった曲の気持ちを考えると申し訳ないです。私の「愛と恋とLOVE」の入った曲がすべて入る……はず。
ほ:(今日の集会では)やることがいっぱいあるのです。

オープニングのMCを一通り終えて、ライブの続き。

 

4. A Girl in Love
5. 見つめられたら 〜 when I fallin’ love with you
6. 半永久的に愛してよ

「見つめられたら~」は Secret Mission Tour のメカほっちゃんVer.だった。4人のダンサーさんの動きも SMT のときと同じ。欲を言えばアレンジ版ではなく、オリジナル版を聴きたかったが…

 

ほ:汗をかいたのでコーナーをやります。
ほ:司会はクマスターとキングレコードの高橋さんです。(両名下手から登壇)
司会:小会議を経て黒ネコ集会を突入しました。
司会:タイトルの案も出ました。「由衣とチョコレート工場」も出ました。

集会の司会といえば、わっしーこと鷲崎健さんだが、この日は名古屋でイベントがあったらしい。クマスターでツッコミ役ができるのかと思ったが、それはムダな心配だったことが後にわかる。

 

バレンタイン失恋大喜利

チケットと一緒に送られてきた「宿題」の一つを出すとき。

高橋:これからみなさんにほっちゃんがバレンタインの告白をします。みなさんは必ずほっちゃんを振ってください。

 

大喜利の回答を掲げるように言われる。
ほっちゃんとクマスターが客席に降りる。ほっちゃんは1階席、クマスターは2階席へ。

高橋:ステージ上にほっちゃんがいないのはさびしいので、代わりにこれを置きます。
(と言って、物販のほっちゃん抱き枕(中身入り)を持ってきて椅子に置く)
ほ:小会議で「欲しいものは?」と聞いたら、(抱き)枕とシーツという意見が出ました。
高橋:これをほっちゃんと思って……

 

客席に降りたほっちゃんは面白そうな回答にコメント。採用者はステージへ上げられる。

クマ:3文字で「おもい」(重い?)って(笑
ほ:言えない。性的嗜好が…
ほ:「このままの距離感がいい」、「身が持たない」

※言葉だけ拾って文字にしても面白くないな。その場にいて、映像を思い出せる人でないとイマイチ伝わらないかも。

 

ほ:うーん、これ、ガチで傷つく人がいる。
クマ:褒めながらけなすパターンあるよね。

ほ:「もうプリキュアじゃないんで」

クマ:(ほっちゃんは)自分が振られるとわかっていて(回答を楽しんでいる)、ドMですよね。

ほ:この中でどうして……結構つき合ったり結婚したりする人いるよね。
ほ:「まだ遊んでいたいんです」
ほ:「バイトするならタウンワーク」
ほ:女の子の方が答えが突飛なんだよね。

ほ:「小学生なので」って、やりきる自信あります?

タウンワークは確かに突飛だが、私にはそれがなぜほっちゃんを振る理由になるのかよくわからなかった。

 

採用された人がステージへ。司会に名前を聞かれ、ほっちゃんからバレンタインの告白を受ける。

ほ:○○さん、私とつき合ってください。
(1人目) ごめんなさい。僕ちょっと油田を持っていないんです。
ほ:油田なんかなくてもいいんだよ。

 

採用者は賞品のチョコレートをもらえる。ただし答えの出来によってチョコレートのランクがある。

(2人目) ごめんなさい。仏滅なのでつき合えないです。
クマ:大安だったらよかった。

(3人目) ごめんなさい。ゲス不倫になってしまうので。
3人目の方は同盟員同士で結婚して、昨年8月には娘が生まれ、リコと名付けたそうだ。

(4人目) ほっちゃんに告られて、タバコと解く。その心は「どちらもすいません」
ほ:ここで謎かけで通すか!?

(5人目) ごめんなさい。お部屋が汚部屋なので。
ほ:ダンボール部屋なのは認めます。汚部屋は食べ残しなどがある。(言外に私の部屋には食べ残しはないという主張??)
クマ:カバンの中は…(笑

(6人目カミヤヒロシさん) ほっちゃんは可愛さにあぐらをかいちゃうのでつきあえません。
ほ:ご飯食べるときとかはあぐらをかいているけど…

(7人目) ごめんなさい。実は女の子。
ほ:(女の子であることをチェックするため) どこのお洋服が好きですか?
(7人目) ユニクロ
ほ:EXILEで言うなら、誰がタイプ?
(7人目) ほっちゃんが…

 

ステージに上げられるのはムチャ振りかもしれないが、ゲームとはいえ、名前入りでほっちゃんから告白を受けるのは他に比べようのないごほうびに違いない。そこだけ録音したい(笑。仮に録音できたとしても再生するときに照れ臭くなってしまうかも。

告白される一方で、必ず振らなければならないという縛りが、毎度のごほうびと同時の罰ゲーム感を出していたと思う。

 

クマ:振られてどうですか?
ほ:楽しいけど、腑に落ちない。

 

ここでほっちゃんは次のライブパートのため一度退場。その間クマスターが時間稼ぎのため再度客席に降りて回答を拾う。ほっちゃんの代わりに高橋さんが(ほっちゃんのモノマネで)告白する。

(1人目) ごめんなさい。ほっちゃん、カブトムシ食べられないから。
(2人目) ごめんなさい。18歳未満は条例違反なので。
(3人目 天たまの常連投稿者) ゆいはゆいでも小倉唯ちゃんが好きなので。
(4人目) ごめん、俺クマスターのことが…

高橋:(抱き枕を見て)何度見ても死んでるわー

 

ライブパート2

7. Angel 恋をした

「天たま」のエンディングでおなじみの曲ですね。

 

ほ:次の曲はすっごい久しぶりの曲。同盟の皆さんがどうやって盛り上がったのかわからない。
ほ:何となく、こういうのは誰かがやり始める(……と、それに倣ってみんながやる)。
ほ:「俺、この曲のノリ方知っている」という方は率先してやってみてください。

 

8. 愛のカタチ
9. 恋する天気図

直近の「天たま」第748回放送のリクエストで「愛のカタチ」が流れたのは、黒ネコ集会への布石だったのでしょうか?

 

ほ:「愛のカタチ」(のノリ方は)よかったですね。
ほ:もう一つ難しい問題があります。次の曲は初めて歌います。
ほ:曲のイメージを身体で表現すると、ワカメになったみたい…じゃないかなぁ。
ほ:皆さんのジャッジに期待します。
ほ:今まで数々のイベントをこなしてきた猛者として…

 

10. 恋ごころ

ほ:初めてですよね。ありがとうございました。

 

林原閣下による作詞ですね。イベントの最中は考えている余裕はなかったけど、「ワカメになったみたい」という表現はわかるようなわからないような…。いまこの記事を書くにあたり、「恋ごころ」を繰り返し聴いてみると、イントロの感じは波にゆれるワカメみたいなもんなのかなぁ。

 

Yui4

当たらないことで評判のYui4 ヾ(^^;ぉぃぉぃ

与えられたお題に従って4つの答えを書いておき、それがほっちゃんの選んだ4つと同じかを楽しむゲーム。これがまぁ、当たらんのですわ。

クロネコ小会議でも当たらないと話題になったそうだが、チケット同封の「宿題」に記入するときにあれこれ考えても仕方ないから、テキトーに書いてしまう。会報のYui4はもうちょいとまともに考えるんだが(^^ゞ

 

Q1. ほっちゃんの好きなチョコレートといえば?

ここは商品名なのかメーカー名なのか、それともチョコレートの種類なのか、まったくヒントがない。おそらく商品名なんだろうなあ。

 

ほ:① クランキー
ほ:② パイの実

ここで残り1人になってしまう。クランキーはわかるとしても、パイの実はないだろう。

高橋:「パイの実」が出たとき、前方から「はい?」(と疑うような声)

行方はたった一人にのみ託されたのだが、ドSほっちゃんの出した3番目の単語は

ほ:③ たけのこの里

ここで全滅(笑

 

ほ:クランキーは世界中で一番おいしいチョコレート。
ほ:パイの実はおいしくない? (美味しいよね)
クマ:パイの実はチョコというよりパイだろ!
ほ:たけのこの里にタケノコは入ってないから名前は関係ない。

これじゃチョコレートじゃなくて、チョコレートの入ったお菓子だよ! たしかにクランキーはおいしいよ。あのサクサク感がたまらない。

 

クマ:小会議で「Yui4当たらない問題」があった。
ほ:(当たらないのは)私のせいにされた。(ほっちゃんの出す答えが悪い?)

ほ:次のYui4は私も参加します。私も数字を書きました。
クマ:誰も当たらなかったら、ほっちゃんのせい。

 

Q2. 1から17までの数字を4つ選んでください

ほっちゃんが選ぶのだったら、17を入れるか入れないかで判断が分かれる。

「お約束」で17がラッキー数字扱いで入るのか、いやドSほっちゃんは17をワザと外してくるのか、判断の分かれるところ。私は17を入れてくると踏んでみたのだが…

ほっちゃんも参加することになって、数字の書かれた紙が入った箱から高橋さんが引くことになった。17がラッキー数字なら560通り、そうでなければ2380通りだ。単純計算だがこれなら当たりが出そうな気がする。

 

高橋:① 3

ここでほっちゃん着席。

クマ:なんで座ってるの?
ほ:「3」ないもん。やることなくてつまんない。

高橋:② 11
高橋:③ 17 (※ 17だけ紙が大きくてリボンが付いていた。やっぱりラッキー数字)
高橋:④ 14

3つ目までは残っている人がいたが、4つ目で全滅。大多数がお約束の17を含めていれば当たりが出たかもしれない。2000人が 1/2380 で当たりが出ないのは統計上有意なんだろうと思う。

 

ほ:私、悪くない。
ほ:Yui4 の存続を考えないと。(余った賞品を)ジャンケン大会とかして…

クマ:Yui4 どうでしたか?
ほ:あっという間にハズレてしまった。

高橋:ほっちゃんはYui4にハズレた精神的ショックのため、一旦捌けます。

 

バレンタインじゃんけん

余った賞品の争奪戦。チョコレート(グー)、包み紙(パー)、リボン(チョキ)でジャンケンする。

チョコレートは両手でグーをして手を前に出す。包み紙はパーをして手を前に出す。リボンは手をクロスさせてOKのサインをする。

 

代表ジャンケンはクマスター。クマスターの出した手は、チョコ→リボン→リボン→リボン。

4戦勝ち残った人はステージへ登壇し、Yui4の正解者に渡す予定だったチョコレートを受け取る。

勝ち抜け者が登壇するまでの時間繋ぎのため、クマスターが高橋さんに振る。

クマ:最近のキングレコードの調子は?
高橋:部署が変わりました。給料は上がりません。

 

ライブパート3

11. Sweet Baby Love
12. ALL MY LOVE

 

ほ:(Sweet Baby Loveは) 久しぶりに歌わせていただいた曲です。
ほ:ALL MY LOVE はオネエのクマスター…オカマスター? (お客さんからのヘルプで?) ユイ20世との合体でクマスター21世のキレッキレダンスが…
ほ:ALL MY LOVE ではオネエのクマスターの振り付けをしました。
ほ:昔の振り付けは私の方に資料がなかったです。

ほ:昔の曲で大変、単純な動きで振り付けがこんがらがります。
ほ:やったことのある曲もある…たぶん。
(※このあたりのメモがあやふやでよく覚えてない)

ほ:次の曲の昔の画像を見ました。そのときにお客さんがウンともスンとも言ってなかったみたいなので、今日は盛り上がってほしいです。

13. 着心地の悪い恋なんて
14. Baby, I love you!
15. 世界中の愛を言葉にして

 

懐かしの曲が続きます。その中では新しめだが「Baby, I love you!」を挙げたい。歌詞と振り付けが可愛いのでお気に入りの一曲。カラオケでも歌いやすい。

 

ほっちゃんバレンタインスペシャルインタビュー

ここはほっちゃんは登壇せず、スクリーンと音声のみ。

Q1. バレンタインチョコ、本命のチョコは手作りそれとも既製品?

ほ:既製品で4粒3000円くらいの品物を選びます。この程度なら黙っていられるけど、4粒で5000円なら価値を言いたくなる。

 

Q2. もしも今学校で呼び出して告白するなら、場所はどこ?

ほ:先日母校の前を通ったときに、キュンとした。17才なんだけど。
ほ:思い出作りのための学校はアリ。
ほ:放課後の教室はなかなかハードルが高い。部屋でウロウロしている生徒がいたり、残っている生徒がいる。
ほ:バレンタインはみんなそわそわしている。ビジュアルに想像すると、夕方の日が差してくる教室。

 

Q3. バレンタインのお返しは何倍が嬉しい?

ほ:こういうのは……3000円なら15000円、5倍ですか?
ほ:前提として、気持ちです。(まずは気持ちが大事)

 

Q4. 本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、逆チョコに代わる新しいチョコは?

ほ:「チョコチョコ」
ほ:今までの答えはかわいくなかったから、チョコチョコで。

 

ライブパート4

16. True truly love
17. CHILDISH LOVE WORLD
18. Love Destiny

終盤は盛り上げ系の曲。定番の CLW とラブデス。確かに3曲ともLOVEが入っている。

4ヶ月休んでいた割には「ラブデス」の右手の動きが自然にできているなぁ、と自分で感心していた。いやいや、みんな前回(…パイレーツ・オブ・ユイ?)以来だから同じか(^_^;)

 

エンディング

司会者も登場して、ダンサー含め、本日の出演者全員が揃う。

ほ:今日の感想を。まずはダンサーから。ダンサーの皆さんはアイウエオ作文が得意なんです。なので、バ・レン・タ・インでお願いします。

バ:バタバタしたけど楽しかった。
レン:レンコンのようにこりこり歯ごたえのあるダンス。

ほ:歯ごたえのあるダンスって何だろう?

タ:楽しくて、嬉しくて、気持ちよかった。
イン:インドでもやるぞ!

 

高橋:いよいよ出番がないかと思ったけど、台本に(死んでるわーが)入ってる。
ほ:何度も見たいじゃないですかー。「死んでるわー」
ほ:今まで無理やり事件を起こしてきました。
高橋:楽しくて、ありがとうございました。

クマ:思ったよりたくさんの曲が聴けて、工場という割には奥にチョコがいっぱい残っている。
クマ:Yui4 以外はすばらしいイベントでした。

 

ここでダンサーと司会者が捌けるが、クマスターを先頭に司会者が戻ってくる。

クマ:告知を忘れていた。ほっちゃんからお知らせです。
ほ:次回の黒ネコ集会が決定しました!
ほ:2017年7月23日(日) 豊洲PIT

ほ:ハコを取るのが大変でした。私は夏にイベントをやったことが…ららぽーととかを除けば…ありません。

ほ:ぶっちゃけ、冬のネタがない。クリスマスもバレンタインもやってしまった。
ほ:夏はみんなが(イベントを)やりたがる。唯一、豊洲PIT だけがキャンセル待ちだった。
ほ:押し問答の末、どうにか取ることができた。

クマ:会場ない問題。2017年問題。
高橋:詳細は3月発送の会報に載ります。

ほ:夏っぽいことをやりたい。水着? 水着でライブっておかしくない?

 

「次回の…」という言葉を聞いたとき、「ライブイベントか?」と一瞬思ったが違った。7月にイベントがあるということは、それ以降は2017年度に黒ネコ集会はないんだよな。年度の初めに集会があるとその後の「抜け感」が大きくなってしまうのではと気になる。

梅雨明けのあたりなので天候がどうなるか。本格的に暑くなりはじめる頃だな。

 

ほ:最後の曲。Happy happy rice shower かと思ったかもしれませんが、愛も恋もLOVEもないのでこの曲を歌います。

19. Happy love to you

 

いよいよ最後の締め。ここはほっちゃんの言葉に聞き入ってしまったからメモをとってない。Twitterから拝借させていただきました。

ほ:イベントに来てもらえれば嬉しいけど、私は皆さんが明日も明後日も元気でいてくれればそれだけでしあわせです。
ほ:皆さんのご健康とご発展を祈念しまして、黒ネコ集会…
全員:にゃあ!

 

終演は20時12分。雨は降っていなかった。

 

まとめ

事前に天たまだったかで「歌が多めになりそう」とのことだったが、これほどがっちり19曲も歌ってくれるとは思わなかった。むしろここまでやってくれると、大喜利や Yui4 は曲間のおまけに思えてくる。

ライブ一本分といっても十分だし、定番曲から懐かしの曲、そして生歌唱としては初出の曲もあった。注目すべきと思うのは、「愛と恋とLOVE」縛りを入れてもこれだけのライブができてしまうことにある。

本人名義の曲だけからの縛りなので、これはほっちゃんが今まで積み上げたモノの層の厚さと言ってよい。これだけライブ中心なら、司会にわっしーを呼ぶとかえって浮いてしまっただろう。

 

締めの言葉について。体調を崩して実感するのは「アタリマエができることのありがたさ」だ。ふつうに元気でいることがどれほどありがたいのか。

イベントに行けなかったのはもどかしかった。それでも、「皆さんが明日も明後日も元気ならそれだけでしあわせ」というほっちゃんの言葉を聞いて少し救われた。私の気持ちを見透かされた気がした、と言ってしまうと都合良く解釈しすぎだろうか?

 

セットリストまとめ

01. ラララ愛の歌
02. LOVE ME DO
03. Love Countdown
04. A Girl in Love
05. 見つめられたら 〜 when I fallin’ love with you
06. 半永久的に愛してよ
07. Angel 恋をした
08. 愛のカタチ
09. 恋する天気図
10. 恋ごころ
11. Sweet Baby Love
12. ALL MY LOVE
13. 着心地の悪い恋なんて
14. Baby, I love you!
15. 世界中の愛を言葉にして
16. True truly love
17. CHILDISH LOVE WORLD
18. Love Destiny
19. Happy love to you

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました