ミス・モノクローム学園祭ライブ at 東京電機大学 感想&レポ

11月1日は埼玉の鳩山町にある東京電機大学鳩山キャンパスの大学祭で開催された、ミス・モノクロームのファーストライブ「ミス・モノクローム First Mini Live ~鳩山で学園祭~&トークショー」へ行ってきました。

 

最初この告知を聞いて、「鳩山町?どこ?」から始まりました。電機大(TDU)を卒業した友人がいるし、キャンパスは神田というイメージのままでした。いまは神田のキャンパスは移転してしまい、時代の流れを感じた次第です。

それで、鳩山町がどこか調べたら、川越よりも遠くて、森林公園の手前、池袋から東武東上線で50分と知って絶句。お奈々さんライブの西武ドームが都会に思えてしまうくらいの遠方という感覚ヾ(^^;ぉぃぉぃ さらに駅から徒歩で大学に行くのは無謀で、無料のスクールバスを使わないといけないと知って、ありゃまーという印象を受ける(笑

 

会場が遠いとブーたれたものの、モノクロちゃんの単独ライブはこれが最初。先行抽選で申し込んで、チケットを入手しました。制作陣をゲストに迎えるので、話を聞きたかったというのもあります。

池袋駅11時10分発の急行で向かい、12時頃に最寄りの高坂駅着。スクールバスの乗車口に並んだが、すし詰めになったバスが停まっていて、次のバスを待つ行列ができている。

ウンザリしかけたところで周りを見渡すと知り合いを見つけた。駅前で停まっていたタクシーに乗り、ワリカンで大学まで向かう。お金は少しかかったが楽ですな。

 

スポンサーリンク

入場

まだできてそれほど経ってないのか、キャンパスはきれい。体育館のような会場を想定していたのだが、座席がひな壇になったホール(教室)で、学会やシンポジウムも開催できる立派な設備。ステージ(……というか、この場合は教壇か)の前方には透過スクリーンが設定されている。

ミス・モノクローム学園祭ライブ

席はD列ですが、前から3列は使用しないので、最前列である。左寄りではあるものの、人の頭で視界をさえぎられることはありません。

 

開演

ほぼ定刻の13時に開演。教壇の右側には DJ に扮した学生が現れ、注意事項と前説。教室なので(騒いで床が抜けるとマズイので?)立ち禁でお願いしますとのこと。ワイワイやりたい人には物足りないかもしれないが、私はこれでいいと思う。あくまでここは大学なんだから、騒ぐのは場に合わない。

あとはモノクロちゃんの歌唱にあわせて、コールやレスポンスを入れてください、とのお願い。まぁ…ここまで来る人達なんだから、言われなくてもわかっていると思うのだが、ここは前説のとおりに協力しよう。

 

DJ の前説が終わって、次はライブパート。スクリーンにモノクロちゃんが現れます。

セットリストはこちら:
01. 私だけの物語
02. モノクローム
03. Coloring
04. バニラソルト
05. 「?」
06. Step by Step
07. Never Ending Story
08. ポーカーフェイス

アドリブの効かない MC(一部抜粋):
アンドロイドの私に東京電機大学とはぴったりの大学。もし私に何かあったら、学生達が直してくれる。

「Step by Step」で手をくるくる回す振り付け練習あり。

 

ライブの感想など

「堀江由衣をめぐる冒険III」以来、モノクロちゃんはライブに出演しているわけですが、いつも途中でほっちゃんが単三電池を抜いてしまうので、ライブ1回あたりの曲数は少ないです(そりゃそうだ!)。 しかし、今回 8曲分のライブを見られたのは、ここにいる人にとってお初のこと。

作り込まれた手足の動き、揺れるツインテール、そして身体の動き。ゆみ先生のモーションキャプチャーで作られたダンスは完璧で、音声加工しているとはいえ、歌っているのはほっちゃんですから、見てて聴いてて、かわいらしさを感じずにはいられない(・∀・)

 

しかし、よくスタチャがこの企画に乗ってくれたなと思う。TV アニメの放送内容からして、来年春以降にモノクロちゃんの単独ライブがあるのは十中八九間違いないと踏んでいます。私の想像ですが、お客さんの興味や集客力を見積もるための実験として、スタチャが乗ってくれたのではないか……???

都内ではないので、集客は不利だったかもしれませんが、見方を変えればこんな遠方(…失礼!)にこれだけのお客さん(300人くらい?)が集まってくれたわけですから。ただ、3D 映像の制作費を興行売上でまかなえるのかは疑問ですが……

 

トークショー

後半はゲストを招いてのトークショーですが、その前にゆるキャラモノクロちゃんが登壇して告知。秋葉原の店頭で見慣れた着ぐるみと林Z氏の登場です。

告知と言ってもほとんどは既報で、TVアニメが好評放送中とか、ファーストアルバム発売、そして景品の当たる店頭抽選会といったこと。新しい話としては、抽選会の景品を入れ替える予定がある(水着写真?)のと、スケールフィギュアの発売が決まっていることでした。

ねんどろいどを除けばフィギュアを買うのはしばらく控えていたのだが、スケールフィギュアが出るなら買いたい。林Z氏によると、「(衣装ができていないので)まだセクシーな状態」らしい。

告知を終えたゆるキャラモノクロちゃんは退場。たぶん足元は見えないので、教壇の階段を降りるところが危なっかしい

 

ゲストは松浦裕暁氏(ウルトラスーパーピクチャーズ代表取締役社長)、岩崎良明氏(TVアニメ監督)、柴宏和氏(TVアニメプロデューサー)のお三方。

TVアニメの感想や今日のライブの感想といった定番の質問を終えた後は、ミス・モノクロームのライジングムービー上映。

これが結構な分量があって、20分以上あったでしょうか? 第1期から3期に到るまで、モノクロちゃんがもっと前に出るシーンがまとめられています。これもおそらくスタチャから提供されたものなんだろうなぁ。とても学生が編集して作ったとは思えないヾ(^^;ぉぃぉぃ

 

ムービー上映の後は事前に参加者から募集した質問にゲスト陣が回答する Q&A コーナー。

最後はクイズコーナー。問題はモノクロちゃんに関する2択で、全6問。全問正解者の中から10人にサイン入りポスターを3枚ずつプレゼント。

この手のクイズ大会は早々に敗退するのがありがちですが、このときは勘がさえて5問目まで正解して、最終問題への解答権を得ました。あと1つ正解すれば 10人の中に入れるかもしれません。

最終問題はこちら:

Q6. ファーストアルバム「Black or White?」のジャケットにある花の数は17個である。(yes/no)

 

こんなこと聞かれたって、花の数なんて数えたことない。ただ、「17」と言われてどう回答するか? 教祖様から続く17才教信者として、ノーとは答えにくい。

イエスの札を出したら、無惨にも答えはノー。12個だそうです。最終問題までいったのにくやしいな。だが、17にノーなんて言えへんわな(笑

 

エンディング

最後はゆるキャラモノクロちゃんが再登壇して締め。出演者から一言ずついただく。ここでモノクロちゃんの声が流れるのかと思いきや、林Z氏に耳打ちするフリをして、それを聞いた林Z氏が代わりに答えるという形だった。ラストの一言まで作り込んだのを期待していたが……さすがにそこまではできなかったか。

高坂駅まではスクールバスで行き、また55分かけて池袋まで戻る。アキバまで行った後、あちこち回ってお開きとなった。

 

コメント

  1. 常磐 より:

    東京電機大学埼玉鳩山キャンパス、行ってたんですね。私も明日(3日)に、春菜るな&やなぎなぎのライブがあるんで、行って来ます(^^;

    しかし、素朴な疑問ですが、これはモノクロちゃんのイベントであって、ほっちゃんは来てないんですよね?(^^;

    • がちょん より:

      コメントが遅れました。ごめんなさい。
      まさか1日空けて同じ鳩山町まで行っていたとは(^^ゞ

      ほっちゃん本人は来ないですね。来たらエラいことになりますから。
      ただ、過去には都内の大学に来たこともありました。

タイトルとURLをコピーしました