KOTOKOメジャーデビュー15周年記念ライブ at 東京 セットリストと感想

4月28日は「KOTOKO メジャーデビュー15周年記念ライブ “Fifteen Tales” ☆PREMIUM☆」へ行ってきました。会場は一昨年の黒ネコ集会以来の豊洲PIT。

 

私にとっては平成最後のイベントになります。

声優紅白の記事でも書きましたように、「平成最後の○○」という言い回しに若干のくどさを感じながらも、この30年において KOTOKO の存在を外すことはできない。

えろげにあまり縁のなかったので、『おねがい☆ティーチャー』のイメージソングで KOTOKO を知ったのでした。

 

また、KOTOKO (I’ve 含む)のカラオケオフ会に何度も参加したことで多くの友人知人を得られました。

そして、初めて Amazon で買った CD はデビューアルバムの「羽 -hane-」だったことも一つのキッカケだったかもしれない。(あのときは Amazon から「あなたへのおすすめCD」というメールが来た)

2008年頃まで、うちで流れる曲の多くは I’ve を含む KOTOKO だったから、その頃はアホみたいに聴いていました。

 

以前の記事に書いたかもしれませんが、過去に8年ほどファンクラブに入っていたものの、しょうもないミスで失効して以来そのままなので、いまは入会していません。

チケットは指定席とスタンディングがありました。ファンクラブ枠で申し込むことはできず、イープラスでの先行抽選でした。(ファンクラブ枠での連番も会員である必要がありました)

運良く指定席に当選し、スタンディングは回避!

(話を聞けば、ファンクラブでも指定席に落選したケースがあったらしく、イープラスで指定席を取れたのはラッキーと言えます)

 

スポンサーリンク

会場入りと入場

地下鉄の豊洲駅から歩いて16時15分頃に豊洲PIT着。指定席の上級国民wなので重役出勤。

先にスタンディングエリアが入場するので指定席はその後。指定席の入場列がなくなってから入場した。

イープラスでのチケット発券を「スマチケ」(電子チケット)にしたので、半券もぎりの代わりにスマホ画面をタッチされる。

 

500円のペットボトルを引き替えてホール内に入場。

ステージ上部には大きな電光掲示板があり、ライブタイトル(この記事の1行目の赤文字)を映し出している。(電車の扉にある駅名表示を特大にしたようなもの)

 

指定席とはいえ、席の番号は端っこ。隣が通路の本当の端っこ(;゚ロ゚)

それでも十分見えると思うし、隣に席がないから狭苦しい感じはしない。なにより自分の場所があって、開演まで座れる。

 

セットリスト

17時08分頃に開演。KOTOKOによる影ナレが流れる。旅をする女の子という設定で、ナレーションの内容が電光掲示板に次々と表示される。

 

KOTOKO 公式ブログから借用したセットリスト。

<Cブロック 2014〜2018年>
OP-SE(オルゴール:羽、DuDiDuWa*lalala/ナレーション:KOTOKO)
M-1.廻-Ro-tation (ゲスト:高瀬一矢さん)
M-2.Reboot oN/↓0 (ゲスト:高瀬一矢さん)
= M C =
M-3.夏恋 (ゲスト:高瀬一矢さん)
M-4.恋ひ恋ふ縁
M-5.Adolescence Locator
M-6.sign -KOTOKO Ver. Remix-
M-7.INFINITE SKY
M-8.TOUGH INTENTION

<Bブロック 2009〜2013年>
BブロックSE(オルゴール:ε ~Epsilon~/ナレーション:KOTOKO)
M-9.Light My Fire
M-10.jihad
M-11.Restoration~沈黙の空~
M-12.WING OF ZERO
M-13.→unfinished→
= M C =
M-14.リスタート
M-15.bumpy-jumpy!
M-16.SHOOT! -KOTOKO ver.- (ゲスト:齋藤真也さん)
= M C =
M-17.サクラノアメモエギノヨ (ゲスト:齋藤真也さん)

<Oブロック 2000〜2004年3月>
OブロックSE(さくらんぼキッス!〜ポロリMIX〜)
M-18.Oブロックメドレー(ゲスト:C.G mixさん)
さくらんぼキッス!~爆発だも~ん~
Just as time is running out
Face of Fact
Princess Bride!
同じ空の下で
Shooting Star
Imaginary affair
LOVE A RIDDLE
I pray to stop my cry
Close to me…
We survive
= M C =

<Aブロック 2004〜2008年>
AブロックSE(オルゴール:ARCH/ナレーション:KOTOKO)
M-19.Re-sublimity
M-20.Leaf ticket
M-21.being
M-22.Fatally
M-23.ハヤテのごとく!
M-24.Princess Brave! (ゲスト:中沢伴行さん(パネル))
= M C =
M-25.agony (ゲスト:中沢伴行さん)
M-26.421 -a will- (ゲスト:中沢伴行さん)
= M C =
M-27.覚えてていいよ (ゲスト:中沢伴行さん)

<アンコール>
EN-1.足あと(アカペラ)

※20時25分頃終演

 

感想など

3時間オーバーのがっつり曲を聴けるライブで、すごく良かったです。

 

今回のライブ開催にあたり、メジャーデビュー後をA、B、Cの3つのブロックに分け、それ以前を O ブロックとした、全4ブロックからファンによる人気投票を実施しました。

(投票できるのはてっきりファンクラブ会員のみと思っていて、私はスルーしてしまいました)

その人気投票上位曲でセットリストを組んだそうなので、「人気投票上位曲 = 多くの人が聴きたい曲」になったといえます。

 

自分にとっては、何と言っても A ブロックと O ブロックですな。

この記事の最初に書いた「アホみたいに聴いていた頃」と一致しますし、カラオケオフ会とライブによく行っていた頃とも一致します。

 

O ブロックの『さくらんぼキッス』『Face of Fact』『同じ空の下で』『LOVE A RIDDLE』……と、こんな感じで好きな曲を列挙していくと、全部挙げないといけなくなってくる。

『Shooting Star』は2週間前にお姉ちゃんバージョンを聴いたけど、本家の方も聴かないとね。サビの振り付けで指をくるくる回すのは、この場だからできる一体感。

 

曲を増やすために25分ほどの長尺メドレーでそれぞれはショートバージョンではあったけれども、曲数を増やすための選択だったと思う。フルバージョンにするために曲数を削るよりは、ショートでも多く歌ってくれた方がいい。

このあたりは好きな曲がありすぎて困る(^^ゞ

 

続いて A ブロック。このあたりはメジャーデビューに伴い、アニメタイアップが増えてくる。

しかし私がイチ押ししたいのは、えろげソングの『Leaf ticket』である。

えろげにあまり縁がないとは言ったが、『パルフェ』とそれに続く『フォセット』にハマって、しばらく Leaf ticket は私のテーマソングだった(笑

 

カラオケ配信を願って、配信希望曲の投票に参加したりしたが、それが叶うことなく10年以上が経過した。

Leaf ticket を生で聴いたのはいつ以来なのか覚えてない。このブログにある KOTOKO カテゴリーの記事には入っていない。

2017年ツアーオーラスの東京公演では歌ったのだが、私はこれには不参加で、前日の前夜祭に参加しただけだった。

他にも『神無月の巫女』や『灼眼のシャナ』のタイアップで語りたいことはあるけど、ここは Leaf ticket だけでいいや。

 

まとめ

B ブロックと C ブロックは感想から割愛したけど、もちろんここにも好きな曲はある。ただ、自分には初期の曲のインパクトの方が大きかった。

KOTOKO の歌唱は安定しているので、10年、15年前の曲も、「いま」同じように聴ける。それが強みだと思う。

(当時と今とでは歌い方の変化があるのかもしれないが、私にはそれを感じさせない)

 

アンコールでは「生涯現役」と書かれた T シャツを着ての登場だった。

I’ve の歌姫と呼ばれた方々の多くは一線から退いてしまったが、20周年、25周年、……も変わらない歌唱力でアニメタイアップやえろげソングを歌ってほしいなと思う。そしてそのときはまたライブに参加したい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました