水樹奈々LIVE GATE 2018 6日目セットリストと感想など

1月20日はお奈々さんの武道館ライブ「NANA MIZUKI LIVE GATE 2018」の6日目に行ってきました。全7日間あるうち、参加したのはこの6日目のみでした。バースデーライブとなる最終日の7日目にも行ってみたかったのですが、お奈々さんには武道館は小さすぎます。ファンクラブ枠でも落選が続出したとか。

9年前の1月にもこの武道館でお奈々さんのライブが開催されました。このときの「LIVE FEVER 2009」は私が初めて参加した奈々ライブだったのでした。

お奈々さんのライブ参加は2016年4月の東京ドーム以来の 1年9ヶ月ぶりとなって久しぶり。ドームの次は甲子園で遠方だったし、不幸にもこの頃から体調が本格的に悪くなってライブに行けるどころではありませんでした。

その翌年、2017年の LIVE ZIPANGU は体調がまだ安定していなかったために参加中止。間が空くと熱が少し冷めてくるといいますか、以前ほど楽しめるのかなという心境だったのも正直なところ。

 

物販に行く予定はないので、15時45分頃に武道館着。物販列の入口にあったグッズのディスプレイの写真を撮りたくて、列の外側から撮影しようとしたのですが、列に入って撮影するようにとスタッフが言っていたのを見て、面倒くさくなって撮影は止めました。

それで、お決まりの武道館正面に飾ってある看板の撮影。

 

同行の友人と合流して暫くしゃべっていたのですが、冷えてきたので16時半頃に入場。

席は東側の2階。この位置だとステージは右手側に見えることになります。ステージセットを見ると大きな吊り橋が見えます。サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを模しているようだ。

え、橋?……BRIDGE? GATE じゃなくて BRIDGE なのかと一瞬思ったが、GOLDEN GATE BRIDGE ということに気付いて納得。

 

スポンサーリンク

6日目セットリスト

17時02分頃に照明が暗転して開演。いきなり歌からではなく、オープニング映像から始まるのは奈々ライブの定石だろうか。

 

01. Vitalization
02. UNCHAIN∞WORLD
03. Sacred Force
04. Poison Lily
05. WAKE UP THE SOULS
06. HOT BLOOD
07. RUSH&DASH!
08. ファンタズム
09. 光
10. GLORIA
11. 恋の抑止力
12. Destiny’s Prelude
13. 粋恋
14. Synchrogazer (ゲスト:蒼井翔太)
15. TESTAMENT
16. Rock Ride Riot
17. STARTING NOW!
18. COSMIC LOVE
19. POWER GATE
≪アンコール≫
20. ETERNAL BLAZE
21. BRAVE PHOENIX
22. SUPER GENERATION
(19時55分頃終演)

 

感想など

2年近く空くとお奈々さんライブの進行というか演出を忘れていたりするのだが、初っぱなでバイクに乗っているところを見て、パッと記憶がつながったような気分だった。

そうだ…舞台セットとして何か乗り物が出てくることが多いんだった、と。

このバイク、本物のハーレーで、奈々カラーの「青」にペイントしてあって、「奈々ダビッドソン」と呼ぶそうだ。

そして、なぜバイクなのかというと、「シンフォギア」でお奈々さんのキャラがバイクに乗っていることと、前回のツアーが ZIPANGU だったから今度はアメリカンな雰囲気を出したかったというのが理由らしい。

なるほど、アメリカンな雰囲気ならゴールデンゲートブリッジも納得がいく。

 

さて、セットリストのネタバレを受け入れるかどうかは、人によって考えの分かれるところである。私はぶっつけ本番のことが多いかもしれないが、今回は1回しか参加しないためにネタバレを仕入れた。

前半部分に新しめの曲、つまり私が奈々ライブから遠ざかっていたここ2年あたりの曲が多くて、聞き込みが不十分だった。予習したからまだ心の準備ができたけれども、ぶっつけ本番で臨んでいたらポカーンになって、もったいないことになっていただろう。

 

ライブが進んでいくにつれて、かつて感じた奈々ライブのノリを取り戻しているようだった。

年齢を公表しているお奈々さんにとって、この日は37歳最後の日となる。しかし、その年齢を感じさせず武道館の広いステージを所狭しと走り回るところを見て、パワフルな歌声を聞いていると、声優アーティストのトップランナーであることに疑いを持つことはなかった。

CD をリリースしてライブをやっている(若手・中堅)声優にとって、お奈々さんは目標なんだろうな。

 

ダンスパートで「恋の抑止力」とかをキメていたお奈々さんだったが、実はダンスはあんまり得意ではないらしい。ダンスを勉強するために、去年の10月からクラシックバレーを習い始めたそうだ。

バレエの衣装として、黒いレオタード(チュチュ)を買った。スマギャンの相棒でもある福圓美里さんもバレエを始めてピンクのレオタードを買ったそうだ。それを着ているとすごくダンスができるように見えるらしいので、買ったもののまだ着ていないらしい。

その衣装についてお奈々さんが言うには「胸のところを守るものがない」そうで、バレエの先生からは「もちろん下着は着けない」と言われたそうだ。いつかそれを着てもいいくらいにダンスが上達したら着て、写真をブログに載せると宣言したものの、「ただし後ろ姿」という制限付き!

それを聞いたお客さんは「ええーっ!」と言う。正面からの写真を、というリクエスト。それを受けてか、「パッドをいっぱい入れる」と返すお奈々さん。

 

ペンライトの色について。お奈々さんは原則青で、エタブレのUOや「ちゅるぱや」のピンク、一部の「なのは」曲がフェイトを意識した黄色が例外という認識だった。が、2階からアリーナを眺めていると意外と赤い曲が多いという印象だった。

前回の東京ドームで何色を振ったか忘れてしまったが、いつの間に赤い曲が増えていたのだろう。自分が認識していないだけで、元からそうだったのだろうか?

「パワゲ」は青だと思っていたが、大多数は UO だったな。

 

アンコールで歌われた2つの「なのは」曲について。定番のエタブレより、日替わり曲の「BRAVE PHOENIX」の方が好きな曲だ。最終日となるその翌日の「天空のカナリア」も捨てがたいが、アンコールに限ると6日目の参加で良かったと思う。

 

まとめ

ライブ参加が空いたことで、ぶっちゃけ熱意も下がってしまってどうかなぁという心境での参加であったが、久々に来るといいもんだな。上にも書いたが、声優アーティストのトップランナーのパフォーマンスはやはり記憶に残る。

最終日には夏のツアーが発表された。この記事を書いている時点では、初日の宮城と最終日の埼玉のみの発表である。夏ツアーの次報を待ちたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました