雨宮天ライブ2017 “Aggressive SKY” in Nakano day 1 セットリストと感想など

2017年最後のイベントは12月28日の「雨宮天ライブ2017 “Aggressive SKY” in Nakano day 1」でした。

TrySail はアニサマと Classroom☆Crisis のイベントで歌っているところを見たことがあるのですが、天ちゃんソロは初となります。

 

なぜソロライブに行こうと思ったのか?

それは9月と10月に東京と大阪で開催された、「雨宮天 音楽で彩るリサイタル」がキッカケでした。キッカケと言っても、このイベントには行っていません。

 

後になってセットリストを知ったら、80年代の歌謡曲のカバーがてんこ盛りで、これらの曲をリアルタイムで歌番組などで聴いていた自分にとってはズバリ刺さる内容となっていました。

カメラは入ってなかったので映像化されることもなく、行った人だけが楽しめたイベントでした。「名曲の数々をカバーして綴る…」とあるのみで、詳しい内容の告知までは事前になかったと思いますので、これは「irodori」を買って応募した人のみに与えられたチャンスでした。

 

そりゃあ、内容がわかっていればシングルを買って応募しましたが、買ってもないし応募もしてないから後の祭り。どうしようもないのですが、応募して落選したイベントを除けば、2017年で行きたかったイベントの第1位といえます。

同様のイベントがまた開催されるかは不明ですが、「また機会があればやりたい」ようなことを天ちゃんが言っていたらしいので、来たるべきときに備えて地味にチェックしていこうか、と。

会場の中野サンプラザには17時半頃着。一人での参加なのでそのまま入場。グッズ売り場に目をやるとほとんど列はないので、パンフレットのみを購入。

席は1階後方、デビュー戦なのでおとなしく、それでいて始まったら盛り上がって楽しみたい。

 

スポンサーリンク

セットリスト

(18時11分開演)
01. Velvet Rays
02. Absolute Blue
03. 夢空
04. Glitter
05. RAINBOW
06. GLAMOROUS SKY (中島美嘉のカバー)
07. 熱情のスペクトラム (いきものがかりのカバー)
08. High Free Spirits (TrySailのカバー)
09. 月灯り
10. コネクト (ジャズバージョン ClariSのカバー)
11. 羽根輪舞
12. irodori
13. After the Tears
14. Skyreach
15. ASH
16. Marvelous scene
17. Eternal

≪アンコール≫
18. チョ・イ・ス
19. Fleeting Dream
20. Silent Sword
(20時13分頃終演)

 

感想など

アルバム「Various BLUE」を中心に、シングル収録曲も聴き込んで参加したことで、カバーを除けばポカーンになることはなくて良かった。コネクトは原曲を知っていたが、はいふりはアニメを見ていなかったためノーマークだった。

ただ…「音楽で彩るリサイタル」を逃した身としては、このカバー曲こそがダークホースなのかもしれない。

 

さて、私が声優・雨宮天を意識したのは「一週間フレンズ。」の香織役が最初だった。おとなしい女子高生の役と、作品中のカバー曲「奏」のイメージのまま楽曲に接すると印象の違いで「え?」と最初は思った。

その「おとなしい女子高生」の配役イメージは「このすば」のアクア役で180度変わることになるヾ(^^;ぉぃぉぃ Classroom☆Crisis のイベントでゲームの流れをめぐって司会者に詰め寄ったことは以下の記事で書いたとおり。

 

歌っている姿は「かわいい」というより、「クールビューティ」と言った方がしっくりくる。整った顔立ちをし、疾走感のある曲を歌っている姿を見るとそんな気持ちにさせる。「Skyreach」やオーラスの「Silent Sword」はいい曲だと思った。

一方、バラード系だと「夢空」、「Glitter」、「RAINBOW」、「月灯り」…あたりがお気に入り。

このうち「RAINBOW」は事前に友人から「一緒に歌ってほしい」パートがあると聞いていたので、予習をしてライブに臨んだ。これを知っていなかったら、歌っているのを聴いているだけになるところだった。

 

バックバンドのいないカラオケライブだからか、歌パートと MC がテンポよく進んだ。「来年もみんなを楽しませるような活動をしていきたい」、「(先日発売した)『雨宮天の有頂天・纏』は読み応えがあるので、お正月休みに読んでほしい」と、「クリスマスに TrySail のメンバに餃子を焼いてもらった(…だったかな?)」が MC として記憶に残っている。(メモを取らなかったので、だいぶあやしい(;゜ロ゜) )

あ…『雨宮天の有頂天・纏』は発売記念イベントに申し込んだだけで、正月休みすぎてもまだ読んでないぞw

 

終演後、なぜか1階席のホール外に出る扉が一箇所を除いて締切となっていた。ロビーでグッズ販売している場所の扉は開けられないと思うが、なぜそれ以外の扉も閉じたのだろうか。

千数百人が一箇所から出ることで出口がボトルネックになるし、ロビーのグッズ売り場周辺ではもみくちゃになっていた。締め切ったのには理由があると思うが、退出に15分もかかってしまった。ライブを楽しめただけにそこだけ残念だった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました