茅原実里ライブ2014NEO FANTASIA東京公演 感想&レポ

4月19日はニューアルバム NEO FANTASIA を引っさげての
みのりんのツアー初日に行ってきました。

ネタバレがあるので、見たくない人は「戻る」で
戻ってください。

 

会場は東京都多摩市にあるパルテノン多摩。
多摩なんて10年以上行ったことありません。

クリスマスイブイブには両国国技館で7,000人を動員したのに、
ニューアルバムのツアー初日がキャパ1,400人というのは
会場の選定に疑問を持たざるをえません。
それも人口の多い東京で…(・ω・)

ファーストツアーはともかく、Parade ツアー以降、
初日の会場は東京都心から離れた
小さめの会場で、しかも開演時間が早い。

キャパが小さいからファンクラブ枠では玉砕。
その後の各種先行でなんとかチケットを
入手することができました。

スポンサーリンク

パルテノン多摩へ移動

天候は曇りで肌寒い。
東急、JR、小田急と乗り継いで小田急多摩センターに
到着したのが13時10分頃。
目の前のでかい階段を見てめげそうになる。
「これを登るんやろか?」

パルテノン多摩

限定もののグッズはノーマークなので、旗とパンフが
買えれば問題なしでした。

グッズ列に待ちはなく、旗、パンフ、ブレード、タオルを買いました。
キャラみのりんがかわいいです。

NEO FANTASIA物販

 

入場、そして開演

しゃべくっているうちに15時過ぎとなって入場。
席はPAブースの真横。
後方ですが入れるだけで上等です。
両側の壁はギリシャ建築風で、
これがパルテノン多摩という名称の由来でしょうか?

15時33分に開演…というか、みのりんによる影ナレ。
アルバムのコンセプトとなっているテーマパークへの
来場を歓迎する内容だったと思います。

セットリストはこちら:

01. The immortal kingdom (旗?)
02. TREASURE WORLD
03. SELF PRODUCER
04. endless voyage
05. 覚醒フィラメント
06. TOON→GO→ROUND! (黄)
07. 境界の彼方
08. この世界は僕らを待っていた
09. 純白サンクチュアリィ
10. Lonely Doll (消灯?)
11. 真白き城の物語 (白)
12. 儚くも愛しき世界の中で
13. Celestial Diva
14. 1st STORY
15. Perfect energy
16. Lush march!!
17. Tomorrow’s chance
18. FOOL THE WORLD (紫)
19. ZONE//ALONE
20. NEO FANTASIA

≪アンコール≫
21. 君がくれたあの日 (Planet Valkyrie 第1話)
22. Secret Season ~桜色の恋人~
23. HYPER NEW WORLD

≪ダブルアンコール≫
24. Neverending Dream

感想など

初っぱなの The immortal kingdom では
みのりんがダンサーを従えて旗を持って登場。
公式に旗曲ではないと思いますが、
お客さんも初見振りコピで旗を振ります。

# この曲名を「イモキン」と略すのはいかがなものか?
# トリオをつけたら「ハイスクールララバイ」だぞ。

 

I’ve のタカーセ作曲の「TOON→GO→ROUND!」は黄色。
みのりんが黄色のペンライト(グッズのブレードを黄色にセットしていた?)を
持って、腕を振るから、ここでも初見振りコピ。
この振りコピはパターンが決まっているので
初見でもすぐ振れます。

「Love Medicine*」みたいに何公演も参加した後に
体得する、なんてもんじゃないです(ぉ

前にも書いたか、どこかで言ったか忘れましたが、
この曲はそのまま KOTOKO が歌ってもいけると思う。
逆に KOTOKO の持ち歌をみのりんがカバーしても
面白いんじゃないか。

みのりんが歌手活動再開のとき、斉藤Pに勧められて
KOTOKO を聴き込んで勉強したのは知られている話ですし。

 

「覚醒フィラメント」が緑になったのは、
SAL のリード曲「Final Moratorium」と間違えたからでしょうか?
4年前の SAL ツアーや、同年のサマキャン2では UO でした。

これは…もしかすると、ファンが入れ替わってきた
ことを示しているのだろうか?
チケットの厳しさから、8割以上はファンクラブだろうから、
入れ替わりなんて言いたくはないけど…
もしくは単に前方席の方が間違えて、それが伝搬していったのかな?

 

セットリストを俯瞰すると、超定番の純白は置いとくとして、
長いこと定番曲の座を務めてきた Paradise Lost が
外れています。
パラロスと同じく、終盤の跳び曲として定番だった
TERMINATED も外れました。

アルバムツアーだから主役はアルバム曲のはず。
とは言うものの、定番を務めてきた曲を外すのは
決断があったのかもしれません。
一方で、覚醒フィラメントや Perfect energy が
入ってきたのは意外でしたが、嬉しい意外性でした。

# Perfect energy はサマキャン4の
# 楽器シャッフルコーナーで鍋ちゃんが歌った以来(笑

 

自分の希望として、「境界の彼方」があらたな
定番曲の座を得てくれると嬉しく思います。
去年10月のお台場でのダーターイベント以来、
お気に入り曲として私の中で地位が上がってきました。

お台場イベントでみのりんも言っていたように、
曲に物語性があり、聴いていて飽きません。
間奏のピアノソロもいい感じです。

跳び曲じゃないので、使いどころが難しいかもしれません。
タイアップのシングル曲だから、
アルバムツアーで使い捨て(?)になることはないと思いますが、
今後も単発のイベントやフェス系でも
披露してほしいです。

 

CMB は Xmas Party と変わらず、3代目のメンバー。
先のライブではベースの坂本ちゃんが
いい味をだしていたのに、ツアー初日だからか、
全体的におとなしめだった。

最古参の大先生は安定でしたが、
他のメンバーはツアーが進むにつれて
だんだんほぐれてくるんだろうか。
初代、2代目と比べてしまうと、
CMB のキャラの確立が今一歩だなぁ。

 

アンコールでは、Xmas Party からの続きで
みのりんが主役(…というかみのりんしかいない)
Planet Valkyrie の第2話を上映。
第1話は「君がくれたあの日」の新録でしたが、
第2話は新曲。

MC で1話と2話のストーリーをみのりんが
説明してくれるのですが……全然わからんヾ(^^;ぉぃぉぃ

 

そして、「東京ではもう桜は散ってしまったけど…
NEO FANTASIA に桜を咲かせてください」という
みのりんからの言葉で、ペンライトをピンクにセットして
歌う曲は…

……(SALの曲が続くので)サクラピアスかと思えば、

「Secret Season ~桜色の恋人~」(略称:シーシー桜)
でしたヾ(^^;ぉぃぉぃ

 

ダブアンで閉園の曲「Neverending Dream」を歌って、
みのりんのテーマパークから現実の世界に
戻るときが来てしまいました。

跳んで、振って、叫んだ! そして暑い(熱い)!
ライブはこうでないといけません。
翌日に筋肉痛が襲ってこようが、関係ないです。
Xmas Party では体調不良で不完全燃焼だったから、
みのりんライブではサマドリ以来だな。
この充実感は。

終演時刻は18時45分頃。
3時間10分ほどの夢の国への旅。

終演、そして帰途

今ツアーは公演数が少なく、東名阪横の4公演。
北海道、九州、四国も回るのが Parade ツアー以来の
お決まりだったのに、ここまで公演数を絞ったのは、
ライブ以外にみのりんが多忙なのか、
CMB のスケジュールを取れないのか、
もしくは興行として大都市圏以外は厳しいのか…??
みのりんが忙しいなら構わないのですが…

私が参加するのはこの多摩公演のみ。
追加公演の発表があるかと、MC に期待したのですが、
何もなかったです。
遅くとも2ヶ月前には発表しないと遅いから、
5月3日の名古屋公演で何もなければ、
パシフィコが本当のファイナルに。

そうすると、ツアーの完成形を生で見ることは
できないから、Blu-ray で見るしかないな。

まさか、去年のサマドリに続いて、
パシフィコでカメラが入らないなんてないよな!?(゚Д゚)

 

会場を出ると、1ヶ月前を思わせる寒さ。
ラーメンを食って身体を温め、
20時過ぎに店を出ると、パラパラと小雨が降っている。
ライブの間だけ雨を止める…天気の変わりやすい
河口湖で鍛えたみのりんの晴れ女ぶりは
ここでもピンポイントで効いていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました