堀江由衣FCイベント 黒ネコ集会Vol.17 感想&レポ

7月23日はほっちゃんのファンクラブイベント「黒ネコ集会Vol.17 Seventeens Summer Festival 2017」へ参加してきました。前回が 2月だったので、短いスパンでの開催になります。

会場は豊洲PIT。何かと話題の豊洲新市場の近く。

夏の黒ネコ集会は珍しいということで、今までも冬、秋、春が多かったです。私が夏に参加するのもこれが初。まぁ…ただ、揺れ動く17才なので夏の暑さが堪えるのでござる。

 

イベントの前には物販の話になるのがこれまでの流れなのですが、今回は同行の友人にお願いしました。この場を借りてお礼を言います。

前日の土曜が猛暑でしたが、当日の天候は幸いにも曇りで、現地の話によると風が吹いて、暑さで辛いということはなかったそうです。途中で雨が降ってきて、雨の中並んでもらったのは申し訳なく思いました。

 

前回に引き続き、今回も抱き枕の販売あり。夏服バージョンで両面で違う衣装、しかもチョコレートでコーティングではなく全身像の抱き枕。今回は事後通販が告知されていたため、持ち込み数が少なくて早期に完売してしまっても救済手段があるだけヤキモキせずに済みます。

結果論ですが、抱き枕が完売になることはなく、イベント終了後の物販でも買えたみたい。前回の事後通販の売れ具合から相当量持ってきたんだろうな。

 

座席は……オルスタなので座席はナシですが、入場番号はあんまり嬉しくないBブロック後方の番号。Bブロックというだけで敗者確定なのにさらに後方番号とは(>_<)

整理番号順に呼ばれて17時頃入場。夏なのでグッズのTシャツを装備。

 

後方の椅子席はすでに全部埋まっていました。もし空いていたら椅子席に座ろうと思っていましたが、それも叶わず。ただ、これも結果論ですが、Bブロックよりさらに後方の椅子席では、満足にほっちゃんを見ることはできなかっただろう。

スクリーンに映るエコーちゃんのやまびこ講座を見ながら、開演まで待つ。

 

以後、イベントを振り返ってみたいと思いますが、記録漏れ、記憶の間違いなどがあると思われます。意味が通りそうな感じに筆者が創作した箇所があります。

スポンサーリンク

ライブパート1

17時33分開演。

ステージ後方のスクリーンにイベントの出演者らしき方の名前が次々と現れる。

YUI HORIE は当然として、Aice5(堀江由衣のみ)で歓声、三代目K黒薔薇保存会や、羽川翼、十六夜リコなどほっちゃんが演じたキャラクター名も現れる。

最初の出演者はほっちゃん。

 

01. Days
02. YAHHO!!

 

ほ:みなさんこんばんは。お元気ですか?
ほ:今日は黒ネコ集会Vol.17 Seventeens Summer Festival 2017 へようこそ。
(ここで歓声)
ほ:わー、ありがとうございます。わりとギューギュー詰めで、前の方の人、大丈夫ですか? 半歩下がりますよ。はい、半歩。

ほ:申し遅れました。私、堀江由衣です。
ほ:Seventeens Summer Festival、略して「セブサマ」
ほ:いろんなアーティストさんが駆けつけてくれました。みなさん、見たいと思う人、見たくもない人が……いるかもしれませんが(笑

 

ほ:今日、うちわを作ったので、それぞれ推しのアーティストの方を[応援してください]
ほ:(客席を見て、うちわを) 売るって言ったのに、作った人がいる… ※当人のTwitterによるとほっちゃんのグッズで自作したとのこと。
ほ:ここ(胸の高さ)でお願いします。

(筆者注:[……] はたぶんこんなことを話したであろう。記録、記憶漏れ)

 

ほ:フェスなのでいろんな方が出てきます。
ほ:この後、私には珍しく夏のイベントということで、初めて歌う曲があります。知っている人が[いるといいのですが…]

ほ:夏のアルバムに入っている曲で、(めぐる)冒険では入ることのない曲です。

 

03. eyes memorize
04. 夏の約束

 

ほ:このあと、いろんなアーティストさんが出てくるので、楽しんでください!

 

夏のイベントなので、「夏の約束」は当確だったとしても、C/W の「ハレノヒ幻想曲」は落選だったのか……聴きたかった。

 

DJクマスター

クマ:どうもクマスターです。
クマ:念願叶って出演することができました。

クマスターが歌うわけではないので、ここでのコーナーは「Yui17」
これはほっちゃんが1つの質問に対して17個答える。

 

Q1. 好きな果物17個

  1. さくらんぼ
  2. すいか
  3. みかん
  4. グレープフルーツ
  5. マスカット
  6. 種を取らなくても食べられるぶどう
  7. メロン
  8. キウイ
  9. ファジーネーブル
  10. マンゴー
  11. びわ
  12. レモン
  13. ライチ
  14. 金柑

 

ここでのほっちゃんの登壇はなくて、後方スクリーンに映像が映し出される。それが動画ではなくて、静止画が次々と切り替わっていく演出。地方の独立TV局で見られるような静止画CMのような感じ

面白かったので、イベントだけで使うのはもったいないなぁ。黒ネコ同盟の会員コンテンツにアップしてもらえないだろうか(笑

 

Q2. この夏やりたいこと17個

  1. 映画を観る
  2. セールに行く
  3. ヨガ
  4. 英語を習う
  5. ダンスを習う
  6. 図書館へ行く
  7. たまっている本やマンガを読む
  8. ゲームがしたい
  9. 脱出ゲームに行きたい
  10. 水族館に行きたい
  11. ラッコを見たい
  12. クラゲを見たい
  13. おいしいかき氷を食べたい
  14. もう一回グアムに行きたい
  15. ボウリング
  16. 野球
  17. 買い物  ※セールと同じ?

 

クマ:夏にやりたいこと、ほとんど一人でできることじゃない!?

 

△うちわ

Aice5 (堀江由衣のみ)

05. Lady Go!

 

ほ:堀江由衣、私が Aice5 のリーダーです。今日はセブサマに呼んでいただいて…
ほ:セブサマ、盛り上がってますか!?

ほ:みなさん、どこからいらしたんですか?
ほ:神奈川から来た人? 福岡から来た人?
ほ:我こそは一番遠いという人は?
(客席:北海道……マレーシア!)
ほ:たぶん一番遠いよ、マレーシア!

 

ほ:今回 Tシャツを結構着ている人が多くて嬉しい
ほ:他の人の(イベント)で Tシャツを着ているのに、(私のイベントでは)あんまり着ていないから、Tシャツを着てくれて嬉しい。

 

ほ:次で Aice5 の最後の曲です。
(客席:えーーーー!)

ほ:フェスってそういうもんでしょ?
ほ:Aice5 で夏っぽい曲って……私はこの曲が一番しっくりきます。一人でこの曲を歌うのはどうかと思いますが、レコーディング、PV撮影も真夏にやりました。

 

06. Be with you

 

ほ:最後までセブサマ、楽しんでいってくださいね。

 

DJクマスター

再び DJクマスターで、Yui17 の続き。

 

Q3. 好きなお菓子17個

  1. ポテチのしあわせバター味
  2. すっぱムーチョ
  3. クランキー
  4. ブルボンの細長いクッキーで薄茶色(のお菓子)  ほっちゃん曰く、しあわせなお菓子
  5. たけのこの里
  6. チョコパイ
  7. パイの実
  8. アルフォート
  9. 小梅ちゃんの飴
  10. さっくりコーンみたいなヤツ
  11. コアラのマーチ
  12. うまい棒タコス味
  13. うまい棒サラミ味
  14. うまい棒明太味
  15. うまい棒コンポタ味
  16. 箱に入ったチョコレートでオレンジの箱(のお菓子)
  17. (アイスも入れてよかったなら) クッキー&クリーム

 

ブルボンの細長いクッキーで薄茶色って、チョコリエールのことか? 「ブルボンと日清食品に外れなし」というのは我が家の格言である。

 

Q4.  ほっちゃんの長所17個

  1. 17才なところ
  2. あんまり細かいことを気にしない
  3. 物を大事にする (クマ:掃除できない?)
  4. わりとどこでもリラックスできる
  5. テレビが好き
  6. ゲームが好き
  7. お金が大事 ※ここでタイムアップ

 

クマ:ほっちゃんの長所、他にもあるでしょ!
クマ:(客席に向かって)みんな一斉に…
「かわいい!」
クマ:(ほっちゃんの長所は) 基本的に「かわいい」でしょ!

 

……とは言え、自分のことを「かわいい」とはなかなか言えないかもしれない。ほっちゃんがかわいいのは正義だろうに。私はほっちゃんより自信を持ってかわいいと言える女性を知らない。

「みんながかわいいと言ってくれる」だったら言えるかな? 「みんなにはナイショだけど天使だから」でもご馳走様です。

 

ライブパート2

ライブパート1と2は本記事の構成の都合で、キャラソンコーナーという括りで分けてみました。

 

羽川翼

07. sugar sweet nightmare

 

2012年の黒ネコ集会で人気投票1位となった楽曲。このときは、もう金輪際聴けることはないという認識だったのだが、5年の時を経て再び聴くことができた。

ほっちゃんは羽川翼のコスプレ風で、制服、三つ編み、メガネというごほうび満載だった。しかし、Bブロック後方では小さくしか見えず、ほっちゃん扮する羽川さんを満足に堪能できなかった。黒ネコ同盟会報での写真掲載を期待したい。

 

翼:何かいいことあるといいよね。

 

十六夜リコ

08. オレンジア

 

後方スクリーンには、リコがほうきで飛ぶところ(のシルエット)が映っている。

 

リコ:キュアップラパパ、きょうもいい日になあれ!

 

成瀬川なる

09. ラムネ色の夏

 

クマスターとピンクマちゃんが登場して、水鉄砲で放水。途中からほっちゃんも水鉄砲を持って放水。これはご褒美ですな。Bブロック後方には届かなかったけど。

 

なる:引き続き、セブサマを楽しんでね。

 

ミルヒオーレ・F・ビスコッティ

10. Promised Love 〜ダイスキ×100〜

 

PRESENTER かと思ったがそうではなくて、アニメでのミルヒ姫ライブシーンのリアルな再現。

 

ミルヒ:ありがとうございました。みなさん、思いっきり楽しんでいってくださいね。

 

ミス・モノクローム

上海でのイベントに出演中のモノクロさんは LIVE 中継という設定。

 

モノクロ:私の名前はミス・モノクローム。今、上海にいる存在。
モノクロ:みんな、Seventeens Summer Festival 2017 へようこそ。私も黒ネコ同盟のフェスに参加しにきた。
モノクロ:私のセカンドアルバム「ボディーガード」が9月27日に発売される。
モノクロ:みんな、買ってくれる?
(歓声)
モノクロ:うん、まぁまぁな反応。

 

ここでサビパートの振り付け練習。左右に手を挙げてくるくる回す。

 

11. Step by Step!

 

モノクロ:私のセカンドアルバム「ボディーガード」が9月27日に発売される…
モノクロ:みんな、聴いて…………(ビリビリっと回線が切れて画面が消える)

 

△ほっちゃん抱き枕 Summer

三代目K黒薔薇保存会

12. 花火

 

ユイエル:みなさん、どこから来ましたか? 埼玉から来た人?

ユイエル:また呼んでもらえるように…
ユイエル:それでは最後の曲になります。

 

13. 満天プラネタリウム

 

ユイエル:三代目K黒薔薇保存会でした。ありがとう。

 

DJクマスター

クマ:これからみんなと一緒にダンスをします。

「笑顔の連鎖」のサビの振り付け

 

DJクマスターなのでDJパフォーマンス

クマ:高橋さんの声をサンプリングしました。(死んでるわー)

 

ライブパート3

セブサマのトリを務めるのはほっちゃん。

 

14. ひまわりと飛行機雲

 

後方スクリーンには大空の風景、そしてひまわり畑に変わる。

暑いのが苦手になった今、夏にはいいイメージがないが、一面のひまわりはいい意味での夏を感じさせる。そう、小学生の頃の夏休みのように毎日が楽しく、家の庭にはひまわりが咲いていた。

 

ほ:こんばんは。今回セブサマのトリを務める堀江由衣です。
ほ:みなさん、どこから来ましたか?
ほ:栃木から来た人? ……いる。
ほ:大阪から来た人? ……多い。
ほ:ちなみに一番遠い人は?
(マレーシア!)

 

Yui4

ここで DJクマスターが登場して Yui4。オルスタで座ることができないから、権利の残っている人は挙手し続けてアピールする。

 

お題1. 東海道新幹線の停車駅から4つ

クマ:正解者がたくさんの場合はジャンケン
(会場:ないない!)
ほ:東海道新幹線とは、東京から新大阪までです。

① 新横浜
② 熱海
③ 三河安城 ※ここで20人くらい
④ 静岡

 

全問正解者が1名出た!正解者はステージへ。

 

ほ:(全員)ハズレたら私のせい?
クマ:当選者がいたときの想定ができていない
クマ:どのように選びましたか?
正解者:勘です。

クマ:三河安城って知らないのでは?
ほ:三河安城は縁があるんですよ
クマ:プラネタリウムか!

 

賞品はロスでのほっちゃんからのお土産と、グッズのうちわにほっちゃんのサインを入れたもの。サイン入りうちわは10枚くらいあるらしい。

 

ほ:(お土産は)サインのないやつ。
クマ:4つ揃うことは堀江由衣ですから。

クマ:ロスの土産は黒いクマ?
ほ:青いクマはねえよ!
ほ:ロスはカリフォルニア州で、マスコットがクマ。
ほ:ボールペンにクマ。ハリウッドへ行ったとき、オスカー像のボールペンを買ってきました。

 

お題2. 1〜17 の数字から4つ

① 4
② 11
③ 9

最後の4つ目、あの数字が出るのかどうか…

 

ほ:じゅう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜なな!

 

お約束の数字を持ってきたことで正解者が多数出た。クマスターは9人と言っていたが、ステージには9人以上上がっていたように見えた。

 

クマ:4、11、9 は意味あるのか?
ほ:意味ないです。

 

ステージ上にて賞品の授与。
天たまで募集したグアムのお土産のトートバックが当たった人が正解していた。

 

ほ:(持っているのを見て) グアムのトートバック当たった人!
クマ:(幸運の裏返しで) 死ぬなよ!

クマ:(お土産は) ほっちゃんが買ってきて、空輸してきた。
ほ:私もその(クマの)ボールペンを買った。  ※クマじゃなくてオスカー像かもしれない
クマ:みんな一瞬オスカー像(のボールペン)を見るよね。
ほ:オスカー像はまだあって、マグネットもある。

ほ:(当選者が出たので) やっぱり私が悪いわけではなかった。

 

考えても仕方ないということで、私は今回の Yui4 を乱数で選んだ。結果は4つの選択肢のうち一つも引っかからなかった。1つ目のお題の新幹線の駅で全部外す確率は約30%、2つ目の数字選びでは、17を当確とするとそれ以外を外す確率は約51%。裏目にいってしまった。

新幹線の駅だが、三河安城はプラネタリウムの縁があるからわかるとして、他の3つを選んだ理由は何だろう? 静岡県が2つあって、名古屋以西の近畿圏が1つも入ってない。生まれも育ちも東京のほっちゃんには、近畿圏はあまりなじみがないのだろうか?

今後 Yui4 は何らかの形で選択肢を与えておいて、そこから選ばせるようにした方がいい。ノーヒントだとほっちゃんが想像の外側の回答をしてバッサリ落ちてしまう。選択肢16個で1820通り、17個で2380通り。正解者を出させるなら、このくらいから選ばせた方がよさそう。

 

ほ:デニム風のショートパンツはどうですか? この短いパンツをはかせてどうなんだ、というメールが天たまに来た。
ほ:外用というより、部屋着のイメージ。女子がはいてもかわいいというイメージで作ってみました。

 

ほっちゃんパート続き

ほ:セブサマも大詰めです。

 

15. 笑顔の連鎖
16. PRESENTER
17. CHILDISH♡LOVE♡WORLD

 

ここまで歌い終わって、ほっちゃんは捌けるのかと思いきや、自らアンコールを開始。

ほ:アンコール、アンコール……

(客:アンコール……)

 

ほ:今日もアンコールをいただきました。最後はやっぱりあの曲。

 

18. Happy happy * rice shower – type yui –

 

エンディング

クマスターとピンクマちゃん、ダンサーさんが登壇。

 

ほ:他の [出演者名が入る] とか、ちょっと先に帰っちゃったかな

 

ダンサーさんの紹介を経て、イベントの締めに入る。

 

クマ:奇跡の Yui4 が出て、しあわせでした。
クマ:夏といえば、コレ(クマスターの着ぐるみ) はキツイ。

 

ほ:Seventeens Summer Festival はいかがでしたか?
ほ:私なんか、バタバタしていて、いろんな方に協力していただきました。キングさんやアニプレックスさんとか……
ほ:たくさんの協力で 16回ぶりの夏の黒ネコ集会でした。

ほ:運がいいのか悪いのか、曇ったり雨が降ったりして、暑さ、熱中症にならなさそうな気温でよかったです。
ほ:次回はまた冬に戻るのか……??

 

ほ:ホリロックをやりたかった。
ほ:ホリジェラだけ忘れていました。katsu さんのスケジュールを押さえるのは時すでに遅し。

 

ほ:おうちに着くまでは黒ネコ集会です。
ほ:みなさんが (ステージから) 見えていました。思ったより近え。とってもやりやすかった熱気でした。
ほ:ありがとうございました。

 

最後はお決まりの「黒ネコ集会、にゃあ!」で締め。終演は 20時07分。

 

まとめ

前回に続いて、ライブ中心の黒ネコ集会。Summer Festival の文字通り夏フェス。ほっちゃんが一人何役もやってくれたわけですが、歌った曲は、ユニット曲、キャラソンを含め、全部で18曲。ほっちゃんの音楽活動の濃縮版といえるかもしれない。

私はというと、上に書いたように5年ぶりの「sugar sweet nightmare」や、ミルヒのキャラソン、ほっちゃん名義からは「eyes memorize」「ひまわりと飛行機雲」あたりが良かったな。

定番曲だが、「PRESENTER」では待ってましたとばかりにジャンプした。

 

夏の曲かどうかわからないけど、「笑顔の連鎖」の小指トントンも久しぶり。

hhrs は……これが来ないと終わる気がしないところがあるが、そろそろ違う曲を聴きたいところでもある。

グッズのうちわは買ったけど、実際に使うことはなかった。アイスをかじっているほっちゃんがかわいいので、これはコレクターズアイテムだ。「ほっちゃん」の文字が入っているのもいいよね!(^^)!

 

ほっちゃんのパフォーマンスは最高なので、セットリストと演出は★5つなんだけど、総合では★4つかなぁ…

★1つ減らした理由は、オルスタは陣取った位置によってイベントの恩恵に大きな差が出てしまうこと。

豊洲PITは客席が段差になっているとはいえ、やっぱり後方は見えにくい。せっかくほっちゃんがアーティストに合わせて衣装とか替えてくれたのに、後方だと点にしか見えない。座席アリなら双眼鏡を使えばいいが、荷物を減らしたいオルスタではそれもやりにくい。

せめてカメラ撮影したのをスクリーンに投影してくれたらよく見えたのだろうが、撮影機材を入れるのは難しいんだろうな。そこまでするならイベント映像を FC 限定で販売してほしいものだ。この映像を残さないのは罪だぞ。

 

あと、会場整理について一点苦言。チケット同封のお願い事項には「チケットにて指定されたブロック内のお好きな場所にてご観覧」とある。しかし、エリアチェックしたのはAブロックだけだった。これは、Bブロックの人がAブロックに行くことはできないが、逆はできてしまうことを意味する。

Bブロックの若い番号の人の話によると、入場時にBブロックの最前部がAブロックの人に陣取られていたらしい。これはアンフェアだろう。お願い事項に記す以上は、Bブロックでもエリアチェックすべきであった。座席エリアとの判別が面倒だが、だったら座席エリアはBブロックのみにするとかがある。

 

セットリストまとめ

01. Days
02. YAHHO!!
03. eyes memorize
04. 夏の約束
05. Lady Go! / Aice5
06. Be with you / Aice5
07. sugar sweet nightmare / 羽川翼
08. オレンジア / 十六夜リコ
09. ラムネ色の夏 / 成瀬川なる
10. Promised Love 〜ダイスキ×100〜 / ミルヒオーレ・F・ビスコッティ
11. Step by Step! / ミス・モノクローム
12. 花火 / 三代目K黒薔薇保存会
13. 満天プラネタリウム / 三代目K黒薔薇保存会
14. ひまわりと飛行機雲
15. 笑顔の連鎖
16. PRESENTER
17. CHILDISH♡LOVE♡WORLD
18. Happy happy * rice shower – type yui –

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました