『それが声優!』×『イヤホンズ vs Aice5』スペシャルトークイベント~それが打ち上げ!~レポ&感想

6月5日は「『それが声優!』×『イヤホンズ vs Aice5』スペシャルトークイベント~それが打ち上げ!~」に参加してきました。

このイベントは3月に発売された「それが声優!」の BD/DVD の7巻と、2015年11月に開催された「イヤホンズ vs Aice5 ~それがユニット!~」のライブ BD/DVD の連動購入で、両方購入した人全員を招待するというもの。

「全員招待」というと3年前のダーターライブの悲劇(?)があるのですが、会場のめぐろパーシモンホールのキャパは1200人で、運営の読みが当たったのか、応募総数がそれを下回ったから無事に全員招待となりました。

めぐろパーシモンホール

 

開催案内メールに記された整理番号の順で、座席は当日抽選。本人確認ありでチケットと交換。確実性を担保するために案内メールを印刷していきましたが、チケット交換のときにその紙は回収されてしまいました。

整理番号は2桁だったから、もしやいい席が来るかも…と少し期待しましたが、そんなに前ではなかった。でも1階席で半分よりは前だから、まぁこんなもんだろうか(^_^;)

 

スポンサーリンク

入場、そして開演

19時10分頃に入場。なぜか入場時に紙コップをもらう。コップには数字が書いてある。数字の書いてある紙コップを見ると検尿を思い出す(笑

スタッフによると「イベントで使う」らしい。やっぱり乾杯をするのか。番号はプレゼントの抽選に使うんだろうな。もしかして、抽選で当たったら壇上に上げられて出演者たちと飲み物を飲めるのか…??

それが声優!~それが打ち上げ

 

初めて来る会場だが、キレイでクラシックコンサートが似合いそうな雰囲気。前から6列目までは段差がなく、7列目からひな壇になっている。自席は7列目以降だが、通路側だし、ステージ上に身長155cmくらいの方が立てば目線は平行かもしれない。

ステージ上と客席をつなぐ階段は置かれていないので、プレゼントに当選したとしても壇上に上げられることはなくなった。

BGM には「Love Power」のアレンジ版が流れ続けている。19時30分に開演ブザーと共に注意事項説明。

 

19時36分開演。司会は何度も見たことのあるわっしーこと鷲崎健さん。イヤホンズ、Aice5、畑先生、池畠監督の順に登壇。

ほっちゃんの衣装は白地の花柄に青いラインのある爽やかで、かつ透明感を感じさせる(*^_^*) 下記ツイートの Instagram のリンクをクリック!

 

 

まずは出演者からの挨拶。

りえりー(以下りえ):一ノ瀬双葉役の高橋李依です。
まりんか(以下まり):イヤホンズのブルー。小花鈴役の高野麻里佳です。
がっきゅ(以下がっ):萌咲いちご役の長久友紀です。

Aice5 の挨拶はシンプルに、「神田朱未、木村まどか、たかはし智秋、堀江由衣、浅野真澄。私たちが Aice5 です」だった。(手は Aice5 ポーズ)

 

そして、

畑:漫画家の畑です。
池畠:監督です。
鷲崎:カタカナのカントクじゃないですか!

 

この日のイベントは打ち上げなので、まずは乾杯。入場時に受け取った紙コップを手に、(飲み物は入ってないけど)エア乾杯。

鷲崎:乾杯のご発声を畑先生にお願いします。

畑:みなさんのおかげでこんなに大きい会場でやらせていただくことができました。乾杯!

 

それが声優! 誕生のキッカケ

鷲崎:浅野さん、あらためて(それが声優の)キッカケを教えてください。

ますみん(以下ます):もともとはツイッターです。アニメの現場で同人活動をしている声優がいます。植田佳奈ちゃんのことですが、でも写真集とか歌は(私には)求められていない。ところが声優あるあるならできそう。ツイッターでつぶやいたら畑先生ともう一人の方が手を挙げてくれました。
ます:部数の多い方を受けた(笑

 

鷲崎:畑先生は何で受けた? 浅野さんに寄りきられた?

畑:僕はアニメ化を狙っていました。
鷲崎:やる気満々。
ます:野心の塊でした。(畑先生は)最初のスポンサーを見つけてきてくれました。

 

鷲崎:イヤホンズの皆さん、浅野さん…ってどう?

まり:わたしたちの創造主、神、尊敬しています。
がっ:私自身、ピンの役を始めていただいた。ラジオ、歌も初めてで、相談に乗ってもらえました。
ます:他の声優の相談には乗らない。(イヤホンズは)私のお財布に直結するから。
りえ:浅野さんに税理士を紹介してもらえた。

 

鷲崎:監督、アニメ化は大変でしたか?

監督:原作がよくできていました。漫画のページ数が少ないので、打合せをよくやりました。それがうまくいきました。

 

鷲崎:改めて Aice5 復活はいかがでしたか?

ほっちゃん(以下ほ):私はやりたかったから。私はユニットやりたい人だから。誰からも声がかからなかったけど。
ほ:超うれしかった。

かんち:1回こっきりのイベントだと思っていたから、LINE で OK した。
ます:言質をもらった。
まどか:(復活には)不安があって、どう答えたらいいかわからなかった。

ちあき:結構反対でした。ブログ書いて…ほっちゃんはやりたいって言うし、ますみんは原作を書いているし…がんばっているのを見て協力しようと思った。

ほ:始まったら、ちあきちゃんは一番ノリノリだった。
ちあき:古い Aice5 のTシャツを持ってきた。元が古いから……

 

Aice5 とイヤホンズへの一問一答から

一問一答を募集して回答した中から一部を紹介。

 

Q. 2マンライブを経て、自分自身で成長したなと感じる部分はありますか?

ちあき:ギプスをしたときのステージパフォーマンス(笑
ます:トラブルに強くなった。
りえ:ありますが、成長しきった!という訳ではなく、まだまだ途中なので秘密です。

(本当は8人分ありますが、以下3人分ずつ振り返って紹介。)

 

鷲崎:(りえりー)秘密とは何?
りえ:自分で成長したところを言うのではなく、皆さんにどこが成長したのかを見て頂く

ます:大きなトラブルがあった。ただでさえライブは久しぶりだった。

鷲崎:ギプスでもステージパフィーマンスができた?
ちあき:できたよね?
(会場から拍手!)

ちあき:最初からああだったんじゃなかったのか…??

鷲崎:エジプトの王様みたいだった。クフ王とか?

かんち:ちあきちゃんの椅子の長さが長すぎた。
ます:車いすではムリだった。
ます:よかたい、よかたい…と急に九州女になった。

 

Q. 当日楽屋で印象に残っていることはありますか?

ほ:ライブの終わりでAice5の5人宛に届いたお手紙をみんなで読みあったこと♪
まどか:楽屋がすごく豪華な個室だったんですが、寂しくて、みんなを自分の楽屋に連れ込んでいました。
がっ:この楽屋は某大物歌手の方が年末の歌番組で使われていたんだよ~とか教えて頂きました。

(※筆者注:大物歌手のことはかんちとがっきゅが回答している。)

 

鷲崎:今日この会場でいいことを言えるのはここしかない

かんち:楽屋が紅白の大物歌手…誰だったか忘れた。演歌の人だった。
イヤホンズ:わたしたちは3人で大部屋だった!?
かんち:みんなで紅白のVを見て雑談しているんだよ、と教えてもらった。

かんち:シャワールームのある個室だった。
(一部:「えーっ!」)
ます:シャワールームなかったし…お総菜の匂いのする部屋だった。

 

ここでシャワールームのある楽屋だったのは、かんち、チアキング、まどかの3人。

鷲崎:(堀江さんと浅野さんは)ここ、密航者みたいですね

ほ:唯一いい話をします。みなさんからお手紙を頂くと、Aice5 の皆さん宛のお手紙をラジオ風に読み合った。
ほ:Aice5 は5人なのに、4個のプレゼントが入っていて、「5人で分けてください」と。奇しくも4人でちょうどよかったのですが。

ます:悪いのはお客さんでも私たちでもなく、誰も悪くない。

 

Q. 今だから言える、当日の失敗してしまったことは?

まどか:かんちのバースデーサプライズのケーキを運ぶ時にロウソクの火が全て消えてしまいました。
まり:公演中の事は緊張と集中でほとんと覚えていません。
ます:「Be With You」の後半の振り付けを、結構間違えました。ごめんなさい…

 

ます:ライブの振り付けは突貫工事で頭に入れる。ライブ中、いい顔をしないと…と思ってニコリとしたらポーンと忘れた。

まり:内容が無いよう…。DVDを見て思い出さないこともあって、次に進まないといけないと思うと、前のことを消去していく。でもしあわせな時間だった。

 

まどか:ローソクの火を落とさないように注意していたら、消えてしまった。
ほ:途中から(私が)持ってくる役だったから、まどかちゃんがもってくるまでにすべて消えていた。

まどか:堀江さんの頃から続いている、サイリウムをフーッてやるのができてよかった。

 

Q. (畑先生へ)イヤホンズ vs Aice5 の個人的胸熱シーンはどこ?

3位:イヤホンズの前髪をむしって筆を作らなかった浅野さんの優しさ。
2位:舞台セットの一部になっていたメンバーと謎の外人マッチョ。
1位:浅野さんのイヤホンズ4人目の衣装。

 

ちあき:グッドルッキングガイが故障した。

ます:あそこ(衣装)に結構予算を割いた。1回しか着ないのに。
まり:でも飾ってありましたよ。キングレコードに。私たちよりスカートの丈が短くてセクシー。キラキラのストーンが多くて、元から輝いているのにキラキラ…
ます:(言わせているみたいなので)恐怖政治を強いているみたいじゃないか?
ます:3人は何度も踊っているデビューシングルだから練習が大変だった。仕事にノーと言うなといっている手前上…

イヤホンズ:いま踊れますか? (ここでダンスの一部の披露)

 

Q. 監督にも同じ質問。イヤホンズ vs Aice5 の個人的胸熱シーンはどこ?

3位:メンバーの事故を神演出で乗り切ったスタッフの執念。
2位:NHKホールが満員。
1位:イヤホンズの家族が晴れ舞台を見に来た。

 

監督:(3位について)アニメだったらテンパってしまう。
鷲崎:2週間前でしたからねぇ…
監督:まともにスケジュールを守れないスタッフに聞かせてやりたい。

監督:(2位について)200人規模のイベントが埋まらなくて、スタッフが対応したことがあった。

監督:(1位について)絶対に声優のライブには来なさそうな人がいた。おじいちゃん、おばあちゃんとか。
まり:それ絶対にうちの家族です。おじいちゃんとおばあちゃんは本当に仲が良くて……

 

声優あるある

「それが声優!」のそもそものネタ。声優あるあるについてのトーク。

 

Q. 現場で大ベテランの先輩から声かけされたことがある?

挙手したのはイヤホンズ、かんち、ますみん。

りえ:うまくセリフを言えないときに子安さんから。
まり:同じ事務所の大塚明夫さんに。

ほ:大塚さんから「きみの靴斜めだね」と言われた。かかとが斜めにすり減っていた。
がっ:スタジオ見学に行ったとき、自己紹介したら、「一文字違いで嫁がいる」と杉田智和さんに。

かんち:大平透さん。新人の頃、あなたのセリフはマイクには届いているが画面には届いていない、と。
ます:お嬢ちゃんには基本の「き」がないの。(誰から言われたかは答えず。)

 

Q. ラジオの台本がペラペラで困ったことがある?

挙手したのはますみん。

ます:ペラペラの台本を書く人をイヤホンズと組ませたくなかった。
ほ:某大先輩のラジオにお邪魔したとき、ほとんどペラペラだった。番組中でかける曲、提供くらいしか書いてなかった。

某大先輩って、林原閣下のことだろうか?

 

Q. 堀江由衣は本当にゆりえほいの時がある?

挙手したのは全員。

ほ:今日は堀江由衣です。

鷲崎:堀江由衣とゆりえほいの違いは?
ほ:キラキラと髪の毛がもじゃもじゃしているの違い。髪の毛が乾いてない。
ほ:乾かさず、梳かさず、家を出る。

ほ:もし永遠に乾かないなら乾かしますけど、家を出た何分後かには勝手に乾いている。傷むことがないです。
鷲崎:サラサラですよね。

 

まり:バッグの中からつぶれたメロンパンを出して、「いつのだろう?」と食べてから、まだバッグに戻していた。

ちあき:身体は大丈夫?
ほ:大丈夫。私、食べかけのものを途中で置いておくんです。

まり:アニメと一緒。UMA みたい。
ほ:食べかけのものをまた食べたことのある人?
(挙手なし)

まり:天使が UMA に…
りえ:堀江由衣さんがキラキラしていて…
ます:9割5分、ゆりえほい!

 

Q. 偉い人が急に話を決めてビックリしたことがある?

挙手したのはイヤホンズ。

りえ:大先輩のユニットさんとの対バンライブをすることになった。
鷲崎:(画面のプロデューサーを指して) あれが浅野か!

まり:浅野さんが仕組んでくださった。
ます:途中でキングのスタッフがイヤホンズをオモチャに……いや、大事にしてくれて…

 

次は1分で終わりますとわっしーが前置きした上で、

Q. ライブ前にケガをしたことがある?

挙手したのはチアキング。

鷲崎:軽いケガではなく、演出面で問題となるケガをしたことがある?
ちあき:エマニエル感を出していたの。

 

Q. (畑先生に)「それが声優!」のここが大変だった?

3位:イヤホンズのオーディション。
2位:毎巻4ページの書き下ろしマンガ
1位:言えない!

畑:3日間で50人くらいオーディションを見た。
ます:私は録音したのを聞いた。
畑:イメージにピッタリ合う人を見つけたい。頭の中で「こうしゃべってほしい」というイメージに合う人。

りえ:直接聞くと身が引き締まる。
まり:畑先生が私のいちごちゃんを聞いて、鈴ちゃんもやってみたらと。畑先生が3日間いてくれてよかった。

 

畑:DVD は毎月出るから、4ページの連載を7ヶ月間持つことと同じ。自分で話を考えた。
ます:自分も忙しくて、このときは話を作れなかった。

ます:(1位について)1つもゲラゲラにならなかったことがある!
鷲崎:イヤホンズも知らない話?
ます:言えない! 全く軟らかい話にならない!ヽ(゚Д゚)ノ

 

Q. 監督にも同じ質問。「それが声優!」のここが大変だった?

3位:謎の体調不良で倒れて救急搬送。
2位:いいかげんな仕事をする演出のサポート
1位:(自主規制)

監督:4話の作業中に過呼吸になって救急車を呼んだ。CT、内視鏡をしてもなんともなかったが…

監督:演出さんが仕事をしない人が多かった。これで俺と同じギャラをもらっていたのか、と言う人がいる。
鷲崎:アニメ業界あるある。
監督:みんながデキるわけではないので、(スタッフの)底上げをしないといけない。

1位には畑先生の回答で「言えない!」とされたことなのだが、ますみんから箝口令を敷かれたので自主規制。

 

大抽選会

鷲崎:アニメの「それが声優!」の打ち上げと同じ賞品を用意しました。打ち上げのやり方と同じく、まずプレゼントを紹介してから抽選します。抽選の方法は入場時に受け取った紙コップに書かれた番号を同じ番号の方が当選です。

出演者にも抽選用の紙コップが配られていて、賞品は出演者陣にも当たる可能性があった。

 

賞品の提供は、株式会社ゴンゾ、株式会社ムービック、株式会社ディー・エル・イー、キングレコード株式会社、株式会社ローソンHMVエンターテインメントの5社から。

肝心の賞品は、「それが声優!」のグッズセット、amazonギフト券、美輪明宏全曲集、お米券、ドジョウすくいセット、ヘッドホン、「それが声優!」のコミックス(ますみんと畑先生のサイン入り)、等。

 

告知

コミックス4巻が 8月18日に発売されます。

 

……えっ、これだけ?

アニメ2期放送決定!となるのを期待していたのだが、告知はコミックスの新刊発売のみだった。

 

終演

最後に出演者からひと言。今度は Aice5 から。

かんち:本日はありがとうございました。今後の Aice5 の活動になっていた鍋会はまだやっていないんです。また題材を変えつつ……
ほ:(Aice5 だから)アイスを食べよう!

まどか:Aice5 が去年再始動して、楽しい時間を過ごしました。DVD はもちろん、CD もずっと愛していてください。

ちあき:もうすっかり元気。私の胸には御利益があります。二拍手一礼でいきますよ。
ちあき:「パンパン、ご参パイ」

 

鷲崎:やりにくいと思いますが、次、堀江さん。

ほ:ふつうでいいですよね? 浅野さんの4コマに出して頂き、ゆりえほいを出して頂き、畑先生がデフォルメしてかわいく描いてくださって、監督さんがアニメ化してくださって、堀江由衣としてアニメにでたことはなかったです。
ほ:声優あるあるで大変なことを世の中に出してくれました。
ほ:アイス会…アイスを食べる会。今日はありがとうございました。

 

鷲崎:浅野さんは原作者なので最後に。

りえ:最初にオーディションに受かったとき、こんなに大きなコンテンツになるとは思わなかったです。

まり:Aice5 さんと一緒にステージに立たせて頂きました。さっき UMA と言いましたけど、テレビの中のキラキラした堀江さんのイメージを……妖精って言いたい。

ほ:みんなにはナイショだけど天使だから。

 

がっ:久々にごぶさたしていて勢揃い。楽しかったです。アニメの2期ができるように…!
かんち:半年経ったら忘れるアニメが多い。次ができたらいいな。
ます:個人の感想です!
かんち:ポテンシャルはあると思います。

 

畑:コミックスの告知がありましたけど、コミケで新刊が出る予定です。
鷲崎:コミケの告知で終わってしまった!?

ます:ツイッターで気軽に書いた「それが声優!」 *******のことを外で書かないように! それを除けば良い作品でした。(注:伏せ字部分は上記自己規制に関連)

 

終演は21時10分頃だった。アンコールはなく、そのまま退場。大抽選会で当選した人はロビーで賞品のお渡し。

まっすぐ都立大学駅まで歩いて、有志で打ち上げた後に帰途。しかし、次のほっちゃんのイベントが決まってない。今度は「傷物語」(第2部作)の舞台挨拶かなぁ…

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました