Aice5&イヤホンズ お渡し会イベント ~930祭~レポ&感想

9月30日は水曜で平日ですが、「Aice5 & イヤホンズ お渡し会 ~930祭~」に参加してきました。これは同日に発売される Aice5 とイヤホンズのニューシングルと、TVアニメ「それが声優!」の BD 購入と連動して応募するイベントです。
(要は、参加したかったらいっぱい買って応募すべしということヾ(^^;ぉぃぉぃ)

主催店舗別に誰からお渡ししてもらえるかが決まっており、

1部:ほっちゃん、ますみん
2部:ますみん、イヤホンズ
3部:かんち、チアキング、木村まどかさん

で、1部と2部に参加してきました。(木村まどかさんの愛称って何?)

 

言うまでもなく、応募の成否は1部のほっちゃんとますみんの回に当たるかどうか。前回(2012年)、前々回(2010年)と参加できたので、今回も当てたいところです。

対象商品をいっぱい買って、それだけの口数で応募すれば当選の見込みは上がるのでしょうが、どこまで突っ込めば OK と言えるはずはありません。「やらなかったのか? やれなかったのか?」という葛藤の中で、商品を予約して応募しました。

 

応募締切の9月14日から悶々とした数日間を過ごし、まずは17日に2部の当選ハガキが到着。そして、19日の深夜…つまり20日未明(!)に大判の郵便物に混じって1部の当選ハガキが届きました(・∀・)

某所から疲れて帰宅したのですが、当選ハガキで一気に疲れが吹っ飛んだ。偶然にも9月20日というほっちゃんの誕生日に届いたのですが、逆にほっちゃんからプレゼントをもらった気分でした。

 

当選者はどれくらいだろう? 前回は各会場 1時間で100人だった。今回は 1時間半だから 150人か? 別室でのお渡しなら 1人あたり単純計算で 36秒。30秒は持ち時間がある。30秒なら3~4回は会話のキャッチボールができるだろう……という期待感でいっぱいになりながら、当日まで話すネタを考える日々が続くのであった。

 

スポンサーリンク

第1部 ほっちゃん、ますみん

よく晴れて少し汗ばむ9月の最終日、会場となる都内某所へ移動。電車のトラブルに備えて、1時間早く現地に到着。集合時刻まで茶店に入り、コーヒーをすすりながら考えた台本を頭の中で反芻する。しかし、緊張が高まってコーヒーをただの苦い液体としか感じない。

なんだこの感覚は、人前でスピーチしろと言われるより緊張する。

 

12時を回り集合時刻が近づいてきて、会場へ移動。本人確認チェックを受けて、待機部屋へ。渡されるポスターは2種類あり、Aice5 かイヤホンズかを入場時に選んで引換券をもらう。ここは Aice5 の一択! お渡しされるのはほっちゃんとますみんのアニメイラストのブロマイドで、ポスターは退場時にスタッフから渡される。

思ったより人が多い。当選人数は200人か。1人あたり27秒になる。実質 20秒強だろうか? 部屋の前方にはスクリーンがあり、「Be with you」のMVが繰り返し流れている。

 

後方の扉が開いて、整理番号の若い者から別室へ移動。一人ずつ入室し、出されていく形式。システム屋の表現を使うなら、ほっちゃんとますみんを排他制御している、と言うのだろうか。

ドアの開く間隔を測っていると 17~18秒くらい。思っていたより短い。別室からはおそらくお二人と思える声が漏れてくる。

荷物はスタッフに預けて、手ぶらで行くように言われる。いよいよ自分の番……

緊張が最高潮になって入室。

 

…あれ??居ない?
視界の中にはスタッフしか居ない……と思ったら、90度右を向いた衝立の向こう側にほっちゃんとますみんの姿が見えました。

ほっちゃんは白地にいちご柄のワンピースに安定のツインテール、ますみんは緑色のドレスでした。ほっちゃんは顔が小さいなぁ。顔が小さいからくりくりお目々がいっそうくりくりで目立つ。くりくりお目目、童顔、丸顔、ぱっつん、ロングヘア……と、私の夢の必要十分条件が揃っている。

コミケにて「はじめまして」のバックヤードで、本を出しているますみんなら何度か見たことがある。イベントで間近で拝見するのはこれが初。よく見るとますみんは美人だと思う。金儲けのイメージが強いかもしれないが(ぉぃ、資本主義社会でお金儲けは正義。

 

さぁ、台本どおりやるんだ……と思ったのも束の間、着ていた Tシャツをますみんに突っ込まれ、そして間髪入れずほっちゃんからも突っ込みが入った。

女子2人、それもプロの声優だから声量がある。申し訳ないが、お二人のツッコミを遮るようにして、最低限話したかったことを言った。

非情にもここでスタッフによる剥がし。えーーーっ!短いよセニョール(>_<)

 

体感的には入室してから10秒ちょっとくらいだろうか? いくらなんでもそりゃ短いぞ。えーっ! 27秒は権利があるんとちゃうの?

私は順目の早いほうだったが、後の方になるともっと剥がしが早かったという話を聞いた。お渡し会はプライスレスで参加できただけでもラッキーとはいうものの、もうちょっと時間がほしかったな。まぁ、仮に1分あっても同じ感想になるのかもしれないが…(^^ゞ

 

 

お渡しを別室でやるのは不公平にならないためだと思う。大部屋で終わった人から順次退場なら、順目の遅い人ほど長く居られることになる。2010年はこの形式だったが、2012年は別室となり不公平にならない形となった。だったら、別室での時間を計測する仕組みを作らないと不公平だ。なんせ、この時間だけ「独占」できるわけだから。

剥がしの件はしばらく酒の肴になるとして、お渡し会に参加できたことは幸運として素直に喜びたい。Tシャツは着ていかない方がよかったか。着なかったから主導権を取れたと思うが、突っ込まれたのは喜んでもらえたからに違いないから、どっちがいいかの判断は難しいな。

 

第2部 ますみん、イヤホンズ

18時半からは秋葉原ゲーマーズ本店ビル8階にて、ますみんとイヤホンズによるお渡し会。ここは大部屋方式。前方に簡易ステージがあって、そこでのお渡し。

ハガキの整理番号とは別に座席は入場時に抽選。運良く一桁番号をゲットして最前列に座ることができた。

スタッフからの注意事項説明の後、4名が登場して軽く一言。前日の晩に最終話となる13話が放送され、その話題も。ますみんからは、「(それが声優!とイヤホンズが)続くかは、わりとみなさんの応援にかかっています。一人一人が宣伝部隊になって宣伝してください」との言葉。

 

お渡しされるのは第1部と同じくアニメイラストのブロマイド。ポスターは退場時にスタッフから渡される。ブロマイドは都合4枚もらえることになる。

一桁番号なのですぐに番が回ってくる。こちらは本当に流れ作業で、「次!次!」とスタッフに急かされて進んでいく。

ぶっちゃけた話、イヤホンズと何を話そうかと思っていたのだが、そんなことは杞憂で、考えて話すことすらできなかった。ますみんからはこの日2度目の Tシャツへの突っ込みを受けたヾ(^^;ぉぃぉぃ

 

短いと言った第1部よりさらに短かったが、第2部の方が記憶が鮮明である。その理由は簡単。最初にひと言の挨拶があったから。その間ずーっと眺めることができたので、衣装や表情といった記憶が残っているのである。

 

第1部は10秒ちょっとの時間で出されたから、夢心地のまま記憶はどっかへ行っている。まして相手がほっちゃんだから始まる前から頭がポーッとしている。お渡しは別室でするとしても、最初に顔出しとひと言があれば、もっと落ち着いて臨めたかもしれない。

店舗でCDとBDを受け取って、お渡し会は終了。

コメント

タイトルとURLをコピーしました