DOG DAYS” フロニャ祭2015 イベント感想&レポ

竜王祭の翌日、5月17日は DOG DAYS” のイベント「フロニャ祭2015」へ行ってきました。会場はのネズミーランド近くにある舞浜アンフィシアター。1年前にゴールデンタイムのイベントで来た会場。

フロニャ祭は2012年11月に開催されて以来、2年半年ぶり。そのときは第3期の制作が決定されたのでした。

DOG DAYS''ポスター

 

グッズや缶バッジにはさほど興味はないので、重役出勤で16時過ぎに会場着。暑いのでとっとと入場し、中で知り合いと会いました。買ったグッズを見せてもらったところ、キャスト陣のサイン(印刷)が入ったイラスト集だけ欲しくなり、それだけ購入しました。前回もサイン(印刷)入りのイラスト集だけ購入しましたから。

 

スポンサーリンク

入場そして開演

席はAブロックの2列目という良席。代々木でのほっちゃんの 2days ライブでは両日ともスタンドで、アリーナに降りられなかったから、そろそろ自分にもラッキーが来てもよさそう。

着席してみると確かに近い! 舞台の床が目線やや下なので、近さがなおさらである。

 

開演は17時だが、なかなか始まらない。今や遅しと待ち続けて、開演したのは17時20分という20分押し。前方の円形舞台のせり上がりから出演者が登場した。

声優陣に混じって、司会を務めるキングレコードのみっしーこと三嶋章夫氏も。某イベントであったように、「あきお」コールはなかった。

 

まずは出演者から軽く挨拶。

トップバッターのマモー(宮野さん)へ「みやの~~」という変なイントネーションのコール。厄介(?)が発している、この変なイントネーションのコールは大嫌いなのだが、マモーはそれを拾って、「こういう新しいのをください」と。

なんだかなぁ…あれって、目立ちたい精神で、出演者へのリスペクトなどなく、小馬鹿にしているとしか思えないんだが(゚Д゚)

 

メインヒーローの次は、メインヒロインとなるミルヒ姫演じるほっちゃんの番。ここでも、変なイントネーションの「ほりえ~~」コール。これを受けて、「私にも新しいのをください」と。

 

星詠み意識調査2015

キャスト陣のひと言が終わって、早速イベント本編へと進行。最初のプログラムは「星詠み意識調査2015」だ。これはお題となる質問が出されて、それにもっとも該当する人は誰か、またはイエス・ノーで答える。投票はリモコンで行う。

 

では、最初の質問はこれ。

Q. アフレコ現場で一番元気だった人は誰?

宮野さんの顔がスクリーンにアップ! えっ?というか、なんか腑に落ちない様子。

宮野「ほりえさーん!!、ってやってるか?」
ほ「アフレコ現場でもそんな感じだった」
すみぺ「服装で判断して (宮野に投票した)」

 

Q. 一番貯金をしていそうな人は誰?

ほっちゃんがアップに!

一番貯金をしているのはみっしーじゃないのかと振られるが、

三嶋「キングレコードの給料がどんなのか知らんの? もう引かれて引かれて…」

 

ほ「お金は好きなんですけど……みんな好きでしょ? 仕事で頂くお金にはあまり興味なくって、空から振ってくるお金が好き
三嶋「ギャンブルとか、動物が走ってお金をもらえるとか…」
ほ「くじとか」

宮野「で、どれくらいあるんですか」
ほ「言えるか!」

 

ほっちゃんがお奈々さんに振る。

女性キャスト陣でほっちゃんに投票したのは…8人、つまり全員からそう思われているのか?

あすみん「リスペクトです」

 

みっしーは給料が少ないと言っているが、お奈々さんやゆかりんをあれほどのアーティストに育てたのだから、1000万を下ることはないと思う。

貯め込んでいるかは別として、収入が一番多いのはお奈々さんじゃないのか? 声優業としてのギャラはそれほどでもないかもしれないが、紅白出場以来増えている歌番組などのギャラが相当あるのではないか?どこだったかに載っていた写真に300万の腕時計をしているのが写っていたし。

 

Q. 一番「面食い」そうな人は誰?

ほっちゃんとあやちの名前が出る。

 

ほ「でもね、かっこいい人、すきですよね?」
ほ「一個いいですか? 本気で芸能人を好きになることがあるんです!

一同から面食いだと突っ込まれる。

 

お奈々「(堀江さんから)『ねえ水樹さん、この世で誰とでもつきあえるとするなら、誰とつきあいたい?』と言われたことがある」
ほ「えー、誰とでもつきあえるんですよ!

 

それを聞いた客「ほっちゃん!! ほっちゃん!!」

ほ「ありがとう。でもそんなつもりじゃないから」

あやち「アフレコ現場で、『ジャ○ーズの中で誰が一番好き?』と聞かれたことがある」

 

ほ「……やっぱり、人はこころ!」

 

Q. 一番エロそうな人は誰?

マモーがアップに!

宮野「女性陣が男性をエロいというのはわかる。一番はオレで、二番は三嶋さん…」
宮野「って、オレが一番かよ!?」

三嶋「じゃぁ、質問を変えましょう」

 

Q. 女性キャスト陣で一番エロそうな人は誰?

三嶋「エロい人じゃないんです。エロそうな人ですからね」

結果は、お奈々さんがアップ!

 

理由は、エロ線が人より濃く出ているから。

ほっちゃんにもエロ線があるがお奈々さんの方が濃い。ほっちゃんのエロ線を見てみたいぞヾ(^^;ぉぃぉぃ

 

そして、だんだんエグい質問が出てくるようになる。

 

Q. もし上司にするなら、クーベルよりミルヒだ! yes/no?

三嶋「もし上司にするなら、悠木さんより堀江さんだ!」

結果は、yes 4、no 5。

 

すみぺ「悠木さんに入れた。(堀江さんとは)同じレーベルの先輩だから…」
三嶋「リアル上司か?」

 

これを見ていると “若手”声優陣のパワーバランスが見えるような気がする。ほっちゃんは腰が低いと言われているそうだが、若手から見ると近寄りがたいのか…???

 

Q. 正直、DOG DAYS が 3期まで続くとは思わなかった。yes/no?

結果は、yes 9、 no 1。

 

2012年秋の時点で 3期制作は決定したはずだから、かなり前からそう思っていたということだろうか? 裏を返せば、2期でやめておけばよかったということか?

3期はキャラが増えてしまって、1クールでは新キャラメインの話にせざるを得ず、メインヒロインのミルヒ姫や戦興行の掘り下げが少なかったことを、私は不満に思う。そもそも、地球から勇者を召喚した理由は戦興行を有利に進めるためではなかったのか?

 

三嶋「ここで(小倉)唯ちゃんに聞いてみましょう。思わなかったかな?」
唯「うん!」

ラスト2話で天空の姫様と地上の姫様(ゆいゆい)の共演が見られたのはよかった。

 

そしてラストの質問。

 

Q. 続編があればぜひ出演したい! yes/no?

結果は、yes 8、no 1。無効票が一人いる!

 

答えに困っている人がいるみたいなので質問を変える。

三嶋「(No がいるので)このままじゃ、このコーナーをきれいに終われない」

 

Q, ギャラ次第で出演したい!

結果は、yes 6、 no 1。

無効票が3票も! それに「ギャラ次第でも出演したくない」という人が 1名いるのは変わらず。

 

三嶋「ギャラじゃないんだ、ではこの質問」

 

Q. 堀江さん次第だ!

結果は、yes 10、 no 0。

 

質問の最後を締めるにふさわしく全会一致になったが、「堀江さん次第」ってどういうこと?? ほっちゃんを苦手としている人が一名いる、ということか!?

母親公認でほっちゃんファンのあやちを除けば、若手陣にとってほっちゃんはコワイ???ギャラ次第と言われるとイヤらしいが、堀江さん次第というなら冗談で済ませられるから??

 

フロニャルド頂上対決 戦六番勝負

2番目のプログラムは、各国に分かれて6つのゲームで勝負。

まず、三国の姫様、ほっちゃん、小清水さん、あおちゃんの3名がジャンケンして順番を決める。順番通りに各チームあと2名をドラフトでチームメンバーに選ぶ。出演者は10人いて、3人ずつだと一人余るので、天空の住人の小倉唯さんはみっしーとMC担当。

堀江チーム:あすみん、あやち
小清水チーム:ビジネスチャンス高橋、すみぺ
悠木チーム:お奈々、マモー

 

優勝賞品はなんとフランス旅行券。前回の沖縄旅行券から大幅にグレードアップ。ここでほっちゃんの目の色が変わる!

 

第1回戦 お絵かき対決!

各チームから1名代表を出し、お題の絵を描く。残った2名が絵を見てお題を当てる。例題を唯ちゃんが描く。お題は「ソラビト」

 

まずは小清水チームから。代表はすみぺ、お題は 「ペガ」

評判通りの画力で難なく正解。

 

2番手は堀江チーム。代表はあすみん、お題は「蛙神 (蛙の魔物)」

代表に選ばれてビビるので、

三嶋「これはお遊びですから…」と緊張を解こうとするが、
ほ「これは遊びではありません!」とキッパリ。

絵は微妙だったが蛙なのは伝わったので正解。

 

最後は悠木チーム。代表はお奈々さん、お題は「お腹を空かせたガウル」

お腹が空いているところは描けていたと思うが、キャラを特定できずに不正解。ただ、正解は単に「ガウル」となっていて、出題ミスを否めない。

 

第2回戦 箱の中身は何だろな対決!

回答者からは見えなくした箱に手を入れて、手の触覚で何が入っているか当てるゲーム。

 

円形舞台の中央に3つの箱が登場。客席から中身が見えるように開けられ、右から、ウィッグ、ナマコ、そして札束、おそらく300万円。

各チームから代表者一名を選ぶ。ここは三国の姫様が代表となる。会場の反応から一番楽そうな右側(ウィッグ)に集まるが、なんとなく左からほっちゃん、あおちゃん、小清水さんとなる。

 

最初に挑戦した小清水さん、はじめは驚くも無難に回答し、正解。

触るの平気と言っていたあおちゃん、驚くことなくナマコを触りまくったり、持ち上げる。「磯臭い」のとヌメヌメと形状から、こちらも正解。

 

最後はほっちゃんですが、ナマコを見た後なのでびびる。「痛い?」という問いに、みっしーが「これで痛い目に遭ったことがある」とボケる。そして、「かわいい」「おいしい」というコメントも。

そりゃー、かわいいし、おいしいし、ほっちゃんは大好きなはず。

 

机の前方、ほっちゃんから見て死角の位置に小清水さんが潜む。片側から手を入れたほっちゃんの手をさわってビビらす。

恐る恐る触るうちに中身を悟り、掴むや、もう離そうとしない。束で縛っているのに、握っているから丸くなっている。こうなったら正解しないわけがない。「札束!」

 

正解は「現金」なんだが、札束とはヾ(^^;ぉぃぉぃ

視界に入ってくる絵がヒドイな(+_+) 札束を握って離さない。キャラ作りとは思うがマジ入っている。

このイベントはいずれ映像化され、Blu-ray の特典映像になると思うが、このシーンだけでももう一度見たい。

ちなみに現金は借り物なので、舞台袖でガードマンが見ていたらしい。

 

第3回戦 TKJ 対決!

TKJ とは、たたいて、かぶって、ジャンケンポンのこと。ジャンケンして勝てばピコピコハンマーで相手を叩く。負けたらお盆を持って防御。防御する前に叩くか、勝った相手がお盆を持ってしまったらお手つきで勝ち。

各チーム代表1名で総当たり戦。代表は替えてもいい。

 

第1回戦 ◎堀江チーム(あすみん) × 小清水チーム(小清水)

 

第2回戦 小清水チーム(すみぺ) × ◎悠木チーム(宮野)

すみぺはジャンケンで勝ったのにお盆を持って、お手つきで負け。マモーはすみぺを叩かずして勝利できた。

 

第3回戦 堀江チーム(あやち) × ◎悠木チーム(お奈々)

お奈々さんはジャンケンには弱かったが、その都度お盆で防戦。Aブロックからはあやちの後ろ姿がよく見える。はしゃぐたびにスカートの裏地がチラチラ見える(笑

ジャンケンに勝ち慣れたあやちが負け、お盆を持つのが一瞬遅れ、お奈々さんに叩かれて負け。

 

中間結果

堀江チーム 50点
小清水チーム 50点
悠木チーム 70点

20点差で悠木チームがリード。

 

第4回戦 三色旗揚げ対決

赤揚げて、白揚げないで赤下げる…を3色の旗でやる。3色目の旗は青。

小清水チームからは高橋さん、悠木チームからはあおちゃん、堀江チームからはゲームマスターのあやちがそれぞれ代表となる。

読み上げるのは唯ちゃん。声がかわいい(o^^o) 最初はゆっくりだが次第に高速になって、3本を上げ下げするようになる。

 

あおちゃんが先に脱落。

高橋さんとゲームマスターあやちの一騎打ち。高速読み上げで高橋さんが先に脱落してあやちの勝利。

 

第5回戦 超ジャンボ 黒ひげ危機一発対決

せり上がりから特大サイズの黒ひげ危機一発が登場。前回のフロニャ祭では市販品だったが、今回は存在する最大の黒ひげ危機一発だそうだ。上に刺さっている黒ひげまでの高さは優に2.5m 以上ありそう。

よく見ると下の方に「(C) TOMY」と書いてある。トミーから借りてきたんだろうか? みっしーが言うには、ここに相当のお金が掛かっているらしい。

黒ひげを飛ばしたチームが負けというルール。飛ばさなかった2チームに得点が入る。

 

みっしーが「(黒ひげが飛ぶときに)すごく大きな音が出る」と煽る。みんなビビって順番を決めるジャンケンが進まない。

やっと順番が決まって、順に一人ずつ挿していくのだが、3人目のすみぺが挿したところで、あえなく黒ひげが飛び出す???

大きな音が出るはずが、全然そんな大きな音は出ないし、黒ひげも飛び上がらない。ほんの 30cm くらい申し訳程度に持ち上がったくらい。みっしーの煽りからすると、爆音とともに少なくとも 3m は上がるものと期待したのだが。

 

ゲームが盛り上がることなく、あっけなく終了させてしまったのと、自分が黒ひげを当ててしまったショックでその場に倒れ込むすみぺ。Aブロックからは胸の谷間が見えた(ぉぃ 反対側のブロックからは見えてはいけないものが見えたらしい、とか(笑

みっしーが言うには、このゲームのために十分な尺を取っていたのにあっさり終わってしまった、と。

 

3人で終わってしまうとはゲームのうま味、見せ所という点で惜しいな。虫や雷がきらいなほっちゃんがビビリながら剣を挿すところを見たかった

客からは「もう一回」コールがあったが、セットするのに手間が掛かるらしいので、これはこれでオシマイ。

 

第6回戦 再び、英雄の帰還

映像が流れて、30秒ドンピシャリのところで止めるゲーム。30秒ジャストに近づくほど点数が一気に増える。これまでのゲームの結果が無意味になるほどの点数ヾ(^^;ぉぃぉぃ

前回、ビジネスチャンス高橋美佳子さんはジャスト30.00秒で止める神業を発揮して、優勝を決定づけたのであった。

 

円形舞台の中央には映像を止めるボタンが用意される。チームの代表者一名がボタンに向かう……のではなくて、他チームからは邪魔をしたり気を散らしたりする妨害メンバが現れ、その妨害を妨害するメンバが自チームから現れ、バスケットボールの試合みたいになっている。

 

さて、優勝を決定づけるであろうゲームの結果は、

 

 

堀江チーム:代表あすみん 30.59秒 9325点

1秒未満のずれで映像を止め、高得点ゲット! ほっちゃんの表情にも余裕が!?

 

悠木チーム:代表お奈々 27.56秒 40点

持ち歌を歌いながら時間を計るも振るわず、平凡な点数に終わった。時間感覚が誤ったのは妨害が多かったからか?

 

 

最後は前回神業を発揮した、ビジネスチャンス高橋美佳子の結果は

 

小清水チーム:代表高橋美佳子 28.85秒 4389点

うーん、神は二度降臨しなかった。高得点ではあるが、1秒を超えるずれで堀江チームには及ばず。

 

最終結果

堀江チーム:9415点
小清水チーム:4439点
悠木チーム:130点

 

9325点が出た時点でもう結果は明らか。堀江チームが9415点を獲得して優勝。フランス旅行券もゲット!

これは執念の優勝か?? それとも、適材適所にメンバ派遣したほっちゃんの采配(上司力)によるものか?

 

優勝チームのリーダーから一言、

ほ「みなさんの応援のおかげです。実家の母にも伝えたい。2人(あやち、あすみん)のおかげです。ありがとうございました。」

 

ほっちゃんのことばっか書いたが、もうひとりの「ゆい」にも注目したい。みっしーと MC を務めていた唯ちゃんは、三色旗揚げ対決を除いて終始舞台左側だった。Aブロックからは非常に近い。

同じ左側にいるみっしーより、唯ちゃんを見るよな。確かにかわいい。…けど、ほっちゃんにはかなわなーい!(・∀・)

 

ライブパート

ライブパートではほっちゃんとお奈々さんが登場。セットリストはこちら。

1. Stay With Me
2. No Limit
3. SCARLET KNIGHT

 

お奈々さんが円形舞台の縁の方に来てくれたので近かった。最接近で 3m くらい。歌っているお奈々さんをこれまででもっとも間近で見た。

 

あの〜ぅ、お奈々さんが2曲なのにほっちゃんは1曲ですか(+_+)

SCARLET KNIGHT の方が盛り上がるのは否定しないし、自分も好きな曲だから聴きたい。
しかし、メインヒロインはほっちゃん演じるミルヒ姫なんだし PRESENTER も聴きたかった。

このときばかりは舞浜アンフィシアターを真っピンクに染めて、最後の大サビの掛け合いを入れたかったな。

 

イベントパートが面白かっただけに、ほっちゃんが1曲だけというのは物足りない感が強い。もしや、大人のジージョーで1曲だったのか?

 

エンディング

時間が押しているのか、出演者一人ずつのコメントはなし。代表してほっちゃんが締めた。

「みなさま、本日はまことにありがとうございました!」

 

20時05分終演。

出口で DOG DAYS” の同人誌(?)を受けとって会場を後にする。

 

前回は締めのところで第3期の制作発表があったのだが、今回は何もなかった。何度も書いたように、キャラが増えてしまって全体的に薄味になってしまった。私はもう4期はいらないと思う。この辺で終わらせるのが良いのではないだろうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました