フェアリーテイル 竜王祭2015夜の部 イベント感想&レポ

5月16日(土)には、アニメ「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」のイベント、「竜王祭 2015」の夜の部に参加してきました。会場は有楽町のビックカメラの上にあるよみうりホール。長年イベントに行っているが、この会場は初めて。

竜王祭2015

 

この作品は TV アニメで長く放送されていますが、ほとんど見たことはありません。今回、夜の部の追加ゲストとしてほっちゃんが発表され、チケットを取りにいきました。すでに一般発売でしたが、タイミングが良かったのか、前から 7列目左側でした。

 

スポンサーリンク

入場

ビックカメラで買い物をしてから入場。階段に入場列が作られていた。女性客が多めだな。男女比は4対6くらいかな?男性キャスト陣とライブパートでのルートファイブのファンが多いのだろうか?

このビルは三角形の形をした妙な形状である。どんなホールなのかと思えば、日比谷側の頂点のところに舞台があり、客席が末広がりになっていく形。2階席もあるので吹き抜けと言うんだろうか。

 

朗読劇

開演時刻ぴったりの18時30分に緞帳が上がって開演。台本を手に持ったキャスト陣がマイクの前に並んでいる。総勢8人。ほっちゃんは左から2人目。やった、同じ左側だ! 双眼鏡なしでも表情が見える距離(笑

衣装は、白いワンピース、スカートの前後に花柄模様が2つ、そして胸元にも1つ。髪飾りかと思ったら、ネコミミ風に結ってある。白猫とネコミミを意識したそうだ。

結った髪が「うる星やつら」のラムのツノに見えないこともない。鬼ごっこして掴みたいぞヾ(^^;ぉぃぉぃ

公式ブログで衣装公開 ⇒ フェアリーテイル♪竜王祭♪

 

ほっちゃん以外の出演者は、柿原徹也さん(ナツ役)、釘宮理恵さん(ハッピー役)、大原さやかさん(エルザ役)、中原麻衣さん(ジュピア役)、平野綾さん(ルーシィ役)、羽多野渉さん(ガジル役)、喜多村英梨さん(カナ役)。

 

朗読劇のストーリーはあまり把握してないが、ルーシーが小説のコンテストに落選したところから始まる。次のコンテストにはどうしても入賞したいので、絶対にウケる小説指南書を捜す旅に出る。

そして、キャラ同士の絡みがあるのですが、ゴメン…作品をよく知らないのでレポは無理(>_<)

 

ゲームコーナー

朗読劇が終了すると一度緞帳が下がる。

再度緞帳が上がってキャスト陣が登場。司会はわっしーこと鷲崎健さん。なんかもう、ニコ生やイベントでわっしーを見る機会が多い。

FAIRY TAIL のスペシャル映像を上映してから、テーブルと椅子が用意されて毎度おなじみのゲームコーナー。

まずはこれ。

 

妖精の気持ち

フェアリーテイルの魔道師と同じ気持ちになったらどう感じるかをフリップに書く。

まぁ、要するに質問というかお題が出されて、それにどう回答するかという、お笑いマンガ道場(大喜利)みたいなもんですな。

 

最初のお題はこちら。

Q. もし、ギルドマスターとして新しくギルドを作るなら、どんなギルドマークを作るか?

大原さやかさんは何やら模様を描いて、これは大原家の家紋らしい。

ほっちゃんの宿敵(?)カッキーは昔の象印マホービンのロゴマークみたいなのを描いて、「エレファントノーズ」だって。カッキーの動物占いが象だかららしい。

続いて、キタエリが描いたのは「GHOST ギルド」 キタエリが関わっているアパレルのGhost Chest とのコラボだって。

 

ほっちゃんが描いたのは、大きい「17」の文字に2枚の羽が生えたギルドマーク。名付けて「エンジェルセブンティーンズ・真剣天使十七才」だ。どことなく、「天使のたまご」のロゴに似ている気がする。

それでも、8人のキャスト陣が描いた中では一番ギルドマークっぽかった。クイズの回答だけにしておくのはもったいないなぁ。

 

Q. 右隣のキャストが演じるキャラを描いてください

羽多野さん、綾さん、キタエリは上手だった。キャラはよくわからなくても絵が上手いことはわかる。

ほっちゃんはキタエリ演じるカナを描いたのだが、絵が小さめ。LINE スタンプ風で 50円だってヾ(^^;ぉぃぉぃ

 

Q. 名シーンのセリフをランダムに演じる

わっしーの元には名シーンを書いた紙の入った箱があり、それをわっしーがランダムに引く。3人選ばれたが、ほっちゃん演じるシャルルは選ばれず。

 

そして次のゲームは、

 

大魔闘演舞

各テーブル(2人ずつ)をギルドとしてチームで戦う。ほっちゃんはキタエリとのチームとなり、ギルド名は「猫と酒」だって。

 

ゲームの内容は間違い探し。映像が次第に変わっていって、最初と終わりの違いを指摘する。茂木健一郎氏が TV番組「世界一受けたい授業」で出題する『アハムービー』と同じ。

問題は 3問出題された。これが難しく、客席からスクリーンを見ても全然わからなかった。

 

わっしー司会のイベントにありがちな、わからないときはボケ回答もありで、ウケたら点数になるというルール。とはいえ、ボケてない、まともな正解もあった。(ボケ回答まで覚えてないし、メモってない)

ほっちゃんとキタエリのギルドは、中原・羽多野ギルドと同点の5ポイントで優勝。

 

さて、優勝賞品はというと、ハッピーターンヾ(^^;ぉぃぉぃ

 

大歌唱演舞

キャスト陣はここでいったん退場して、次はライブパート。エンディングを歌う東京女子流と、オープニングを歌うルートファイブが登場。

セットリストはこちら:

1. Never ever
2. LIFE SIZE (以上、東京女子流)
3. キミノミライ
4. MERRY GO ROUND (以上、ルートファイブ)

 

ライブなので立ち上がるのかと思えば座ったまま。ごく一部のファンと光り物を振りたい人のみが一生懸命ペンライトを振っている。

 

2組ともまだあんまり MC 慣れしてない感じがした。とはいえ、東京女子流はデビューから5年経っているんだよな。経歴を見ると武道館でのパフォーマンスも経験しているし、ダンスはよかったね。

 

4曲目の「MERRY GO ROUND」では、歌う前にルートファイブからサビ部分で腕を回してくださいとのリクエストがあった。

しかし回しているのは 1/3 どころか 1/5 もいない。腕を回すくらいみんなやればいいのに。演者が気持ちよくパフォーマンスできる場を作るのも客の役割と思うが、女性客が多く、あまりライブ慣れしてなかったのだろうか?

 

スペシャルゲスト登場

キャスト陣が再登壇。そして原作者である間島先生も登場。

まずは FAIARY TAIL の告知。OAD 発売、スマホアプリのゲーム配信、単行本 50巻発売、新キャラと新エピソード、まもなく登場。そして、劇場版の公開決定。

単行本50巻には描き下ろしイラスト 50枚がつくそうだ。ここ4回の連載でも160ページ描いたとの言葉。

全員並んでいるのを見ると、ほっちゃんよりくぎゅが少し背が高い? 5cmくらいの差か? (※ 調べたら 4cm の差だった)

 

エンディング

東京女子流とルートファイブも登場して、全員集合。最後に一言ずつご挨拶。

アーティスト陣から、またフェアリーテールの歌を歌いたいと原作者におねだりをはじめた。それにつられてキャスト陣もおねだり。

ほっちゃん「シャルルも映画に出たい。他のキャラと一緒に登場すると小さいので(画面から)見切れてしまう。(だから見切れないようにしてほしい) フェアリーテールのイベントは初参加でした。これから(アニメでは)ただ事でない戦いが始まります。楽しみにしていてください」

 

最後に間島先生から「出るつもりはなかった。が、女性キャスト3人から出ろと言われた」

 

原作者、しゃべり過ぎヾ(^^;ぉぃぉぃ

舞台上にいてもマイクを持って、緊張する様子を感じさせず自然体だ。こんなにイベント慣れしている原作者は珍しい。「出ろと言われた」と言っているが、ホントは出たかったのと違うか?

 

終演は20時36分頃。約2時間で予定通りの進行だったと思える。

会場を後にし、近くの居酒屋で打ち上げてお開き。明日は舞浜アンフィシアターでフロニャ祭2015ですな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました