堀江由衣FCイベント 黒ネコ集会Vol.14 感想&レポ

4月29日は中野サンプラザにて、ほっちゃんのファンクラブイベント「黒ネコ集会 Vol.14」へ参加してきました。

今回の黒ネコ集会は 3月に開催されたライブのつづきのようなもの。ライブの事前企画として、エコー女子学院と青クマ学園に入学したので、この日は卒業式という企画。次年度から、両校は合併することが決まり、卒業式も合同で開催することに。どんな卒業式になるのでしょうか?

 

当日、何時に現地入りするかは考えどころだった。グッズの中にめっちゃ欲しいものがどれくらいあるかというと、黒ネコチャームとポスターくらい。2日前に発表になったグッズ一覧には、ライブの時と同様、ほっちゃんのグッズがあんまりない。ほっちゃんのビジュアルを使ったグッズがもっとあるのいいのに、卒業式という企画を優先したグッズだったと思える。

そんなわけで、早朝出動するか、重役出勤するかを考えた結果、11時に到着予定という中途半端な行動とする。

グッズの販売は予定の14時から1時間ほど前倒しして開始。14時には買い終わって、昼飯を食す。中途半端な時刻なので、あまり腹に入らなかったのだが、これが後に空腹となって襲ってくる。

 

スポンサーリンク

入場

黒ネコ集会 Vol.14

同行者と合流して16時15分頃に入場。暑いし、立ちっぱなしだったから早く座りたかった。卒業式を意識してか、客入れの BGM はクラシック。座席に座るとまったりしてきて、なんとなく眠くなってくる。

 

開演

17時を過ぎているのに、「美しき青きドナウ」がループしてなかなか始まらない。9分ほど経過した17時09分に客灯が緩やかに落ちて開演。

司会はわっしーこと鷲崎健さん、そしてスターチャイルドの高橋さんの2名。わっしーは青クマ学園の理科講師、高橋さんはエコ女の講師という立場である。

 

在校生の入場。ほっちゃんと、ダンス部の4名、そしてクマ・スタオが入場して、右側のパイプ椅子に着席。まずはほっちゃんから卒業生にお祝いの言葉。

続いて、エコー長先生とクマ・スタイチ理事長の祝辞。エコー長先生がどんな風に出てくるのかと思ったら、理事長が抱えての登場だった。

 

エコ女の教育方針は、エコーのように心に残る授業を。
青クマの教育方針は、まだ青い生徒たちを導くような指導を。
両校の教育方針の一致により、次年度から合併し、エコクマ学園として再出発することが決まった。これに伴い、教師もリストラされる予定(笑

 

校歌斉唱

ライブでも大合唱した青クマ学園校歌。中央のスクリーンに歌詞が映し出される。ほっちゃんら在校生は歌わず、振り付けのみ。歌うのは卒業生たち。これは盛り上がる。

続いてエコー女子学院の校歌…って言われて何?となるのだが、YAHHO!! と言われてなっとく。

1. 青クマ学園校歌
2. YAHHO!!

 

在校生(ほっちゃん)の1年間を写真で振り返る

英国国会議事堂(ビッグベン)とテムズ川をバックにした写真

修学旅行でイギリスのロンドンへ行った。ワールドエンドの庭の BLUE 版のジャケット写真。

ほ「すごいベタなイギリス。とげとげした建物をバックに…」
わ「道が汚い」
ほ「ジャケットには写ってませんから」

 

イギリスの田舎風景

ヤギかと思ったら毛を刈った後の羊だった(笑

わ「いくぜ野郎ども、な感じ?」

 

衛兵のフィギュアと写真

ほ「みんながここで写真を撮っている」
わ「堀江さん、中学生みたいですね。初めて原宿に来た中学生みたい」

 

中国でのイベント

柿原徹也さんと出演。写真はイベント中の質問コーナー「問答時間」
ステージは広いのに、3人で椅子を寄せ合ってこぢんまりと座っている。

ほ「観光の時間はなかった」
ほ「これを言うと傷つく人がいるかもしれないけど、お腹が空いていて、私、マネージャ、メイクさんと3人でフィレオフィッシュを3等分して食べた

 

シンガポールでのダンス部発表会

Stay With Me のジャケットを撮影した海岸。

わ「これシンガポールですか?」

 

マリナベイサンズを背にした写真とマーライオンの水をほっちゃんが吹いているように見せた写真

ほ「水を吹きだしているような写真になる角度を探すのに 1時間かけた」
ほ「持っているカバンは雑誌の付録のもの」
わ「やっぱり中学生に見える!」

 

沖縄、美ら海水族館など

逆光で顔が写ってない。ジンベイザメとツーショット。大きな魚の歯の骨格で写真を撮っているシーンで、

わ「やっぱり中学生みたい」
わ「沖縄なのにインドアの写真しかない。沖縄らしいものはないの?」
ほ「沖縄は占いが有名」
わ「結果は?」
ほ「まぁまぁ」

 

卒業生の3年間を振り返る

ほっちゃんが思い出を朗読し、スクリーンに映し出された要所要所のキーワードを卒業生が唱和する。

春の遠足から始まって、重大発表記者会見からめぐる冒険Vでの2日間のダメ出しに到るまでを振り返った。

 

在校生による歌の披露

ここからライブコーナー。

3. この場所で
4. Stay With Me

ライブでは歌われなかった「この場所で」が披露されたのは嬉しい。「Stay With Me」は DOG DAYS” のエンディング曲なんだが、「めぐる冒険V」を締めた曲の印象が強い。

 

続いて、エコ女ダンス部の発表会。

5. ほうき星
6. Golden Time

発表会というので、特設サイトに載せられたダンス部課題曲なのかと思っていたら、「Stay With Me」のB面の「ほうき星」、つまり新曲だった。

この振り付け、動きが速いので難しい。また、最初の手を振るところを右手でかつミラーで振ると失敗する。ミラーで振るなら左手にしないとダメだし、右手で振るなら完コピしないとダメ。

ほっちゃんのぴょんぴょんダンスがよかった。脳みその記憶の中だけに残しておくのは惜しい。キンスパでも歌ってくれないだろうか?

 

卒業証書授与

成績優秀者への卒業証書の授与。卒業式のメインイベントだが、タダでは済まない、今回の黒ネコ集会でもっともえげつない、ドSなプログラムだったといえる

 

チケット半券を入れた箱が登場して、「成績優秀者」を選ぶ。まずは書道大会の優勝者として 3人が選ばれる。

「書道大会?何それ?」

 

登壇した3名に課せられたお題は「堀江由衣を漢字一文字で表すと?」

 

訳もわからずに壇上に上げられて、これですか!
筆と半紙が用意されているのか、3人が思い思いの字を書いている。それで結果は?

 

右端の方は、大きく「美」の字。いつまで経っても美しい、という意味だそうですが、ほっちゃんは「いつまで経っても?」が引っかかっているようで何か言いたそう。

真ん中の方を飛ばして、左端の方も「美」の字。ただし少し大きさが小さい。大きさのことをわっしーに突っ込まれ、余白はほっそりしている、と説明。「華奢な感じ?」という点にほっちゃんは満足な様子。

 

さて、飛ばした真ん中の方が書いた字は「汚」
部屋が汚れている、という意味で書いた。

これに対し、「部屋が汚れているのではなくて、散らかっているんです」と返すほっちゃん。続けて、ダンボールに対する思いを語り出す。「部屋にダンボールがいくつあるか?」

 

「美」は順当としても、壇上に上げられた緊張する状態で「汚」を書けたもんだな。「金」とか「銭」は書けても、「汚」は思っていたとしても書けない。散らかっているとかダンボールなら、「散」とか「段」とかもありだろう。

もし私が壇上に上げられていたら、演じたキャラクターを通じていろんな世界に連れて行ってくれるという意味で「夢」と書くつもりだった。

3名は卒業証書という名の(たぶん)サイン入りポスターを受け取って退場。

 

次の成績優秀者は、校内似顔絵コンテストの優秀者

やばい、お題は間違いなくほっちゃんを描けだろうな。ドラえもんとオバQしか描けない自分にはこれはやばい。

 

箱からまた3名を選ぶ。

わっしーが「堀江由衣のファンになるというのは、こういうことです」と言っていたのは、まさにそうだった。まぁ、わっしーが言うからイヤミにならないんだけど。

サイン入りポスターは欲しいけど、自分のヘタクソが絵が2000人にさらされるのは耐えられない。それも、ほっちゃんを描けというお題だからなおさら。しょっちゅう見ていることと、うまく書けることは全く別!

 

壇上に上がった3名はどんなほっちゃんを描いたのか?

右端の方の絵はなかなか上手かった。短時間で特徴を捉えてかわいく描けていたと思う。こだわりは目だそうで、これは同感! ほっちゃんはくりくりお目目がいいんです!

真ん中の方の絵は思いっきりデフォルメされていた。髪がツインテールになっている以外は、胴体と手足は線だった。でもポーズ通りの雰囲気にはなっていた。

わっしー「こんなに股を広げていない」

 

左端の方は目が黒くなっていて、わっしーに「殺し屋の目」と言われる(笑。

 

失礼ながら、どんなヒドイ絵が出てくるんだろうと思っていたが、そんなことはなかった。自分よりは上手いと思うし、デフォルメで逃げた機転の良さもよく思いついたといえる。自分だったらデフォルメで逃げるなんて思いつかないだろう。

雑誌等の撮影では決して取らないポーズをしたほっちゃんを間近で見られるのは、『罰ゲーム』への代償としてはおいしいかも。

 

その次は校内マジックコンテストの優秀者

テーブルの上にはマジックのネタが3つ置かれ、また3人が選ばれる。BGM はマジックショーではおなじみのポール・モーリアの『オリーブの首飾り』

マジックは書道と似顔絵と比べるとショーマンシップが必要だけど、もっとも短時間で終わらせることができる。まぁ。一瞬ですな。

 

書道、似顔絵、マジックと来たら、校内のど自慢コンテストも来るのでは? みんなの前でほっちゃんの曲を歌え、というお題が来ると思った。歌が苦手なら赤面ものですが、カラオケに行き慣れている人なら楽勝(?)だろうと。

しかし、わっしーの「皆様、ご安心ください…」のひと言で、『罰ゲーム』は9名で終了ヾ(^^;ぉぃぉぃ

 

Yui4

あるテーマに沿って4つの言葉を挙げ、それがほっちゃんの選んだ4つと一致するかを楽しむゲーム。一致する言葉が多いほど、ほっちゃんとのシンクロ率が高いことになる。

 

最初のテーマは 3月に開催されたライブ「堀江由衣をめぐる冒険V ~狙われた学園祭~」で歌われた曲4つ。

 

…なのですが、いきなり「Stand Up!」と言われて轟沈。アルバムのリード曲でベタすぎるから外したのに……

「ミステリー…」「CHILDISH♡LOVE♡WORLD」と続いて、ここまで残ったのは3名。運命の4つ目は……「Happy End」ときて、全員アウト。私はというと、4つ目の「Happy End」しか一致しなかった。

 

次のテーマは「部活動といえば」で、4つの部活動を選ぶ。

 

最初、「テニス部」と言われて、よっしゃーーー!! まずは1つ一致。

ところが喜んでいたのも束の間、2つ目は「バスケ部」で失格。3つ目は文化系の「演劇部」 ここまで残ったのは5名。

 

運命のラストは……「野球部」

全問正解者はいるのか???

 

 

……いた! 一人だけ4つとも一致した全問正解者がいた。正解者は壇上へ。

ほっちゃんと考えが一致したということで、わっしーが「あなたは堀江由衣だ。ステージ上には2人の堀江由衣がいる。今日、おまわりさんから職質を受けても堀江由衣と名乗ってください」と。

 

全問正解の賞品はサインの入ったエコ女の靴下でした。セットリストから4曲当てたときの賞品はサイン入り第2ボタンだったのですが、これはお蔵入り??

 

特別ゲストと迷探偵ホナン

卒業式に特別ゲストが来てくれました。「もっと前に出たい」アイドル、ミス・モノクローム

スクリーンに現れるのかと思ったら、店頭イベントで何度も見たゆるキャラのモノクロちゃんでした。中央に登場するも、しゃがんでそのまま倒れてしまう。(顔がデカイので斜めになっている(笑 )

横になってピクリとも動かない。わっしーが起こそうとしても起きない。高橋さんが寄ってきて、「死んでる」と抑揚のない演技(ぉ 平べったいものでなぐられた形跡がある。

 

殺人事件が起こった! こんな危険な場所にほっちゃんを居させられない。

「堀江さんはここから離れてください。もし堀江さんに何かあったらスタチャが傾きます」と高橋さんに促されて、ほっちゃんは退場。

 

…始まった。あれか(笑

 

 

2階席にほっちゃん扮する江戸川ホナンが登場

 

ここで持ち物検査(笑

凶器となった平べったいものを探すため、お客さんのカバンの中をほっちゃんにチェックされ、面白いものがあるとさらされる。

ペンライト、財布、ノートパソコン、公務員試験の問題集(?)、タイムズ伯爵のお面、…など

 

ほっちゃんの気まぐれで、通路側の席に座っている人はカバンの中をチェックされる。賞品はなくても非常においしいイベント。私物を触ってもらえるし、持ち物検査をされるということは必然的に至近距離になる。

私のカバンには、おそらく(きっと!)面白いと思ってもらえる平べったいものが入っていたのだが、残念ながら今回は通路側を取れず。

代わりにというか、同じ列の通路側席の人が持ち物検査受けていた。ほっちゃんからは1メートルちょい。ご相伴にあずかりました(・∀・) ツインテールでお目目くりくり、顔ちっさー! めっちゃかわいい(・∀・)

 

平べったいものを探したが、凶器となるものは見つからなかった。叩かれた痕をよく見てみると、スリッパで叩かれたみたい。これはツッコミ慣れた関西人の仕業に違いない、と。

 

ここでわっしーが自白。

モノクロちゃんは死んだのではなく、スリッパで叩かれた弾みで単三電池が飛んでしまったのだ。単三電池を入れると手足をパタパタして動き始めるのだが、自力では立ち上がれない(笑

 

卒業生対抗 じゃんけん大会

卒業記念に倉庫(?)から出てきたものをジャンケンの勝者に分配。何が出てきたのかというと、過去のライブで使った小道具。もちろんほっちゃんのサイン入り。初戦で玉砕してゲームオーバー(^^ゞ

 

在校生による歌の披露(2)

桜はとうに散ってしまったが、卒業シーズンといえば「桜」 ほっちゃん名義の曲で「さくら」といえば、この2曲。

7. サクラサク
8. 桜

 

「桜」はダーターライブで聴いたけど、「サクラサク」は懐かしいな。外にある桜はただの桜の木で、11箇月後の開花を待たないといけないが、中野サンプラザには満開の桜が咲きました

司会陣の退場の後、やっぱり最後を締めるのはこの曲。

9. Happy happy * rice shower

 

ラストは「黒ネコ集会 にゃあ」で締め

卒業生はそのままエコクマ大学にエスカレーター式で入学が決まっているので、入場口にて合格証書をもらって退場。

終演は19時40分頃。

 

エコ女の制服姿のほっちゃんはこれで見納めなんやろうか? もしそうだとすると惜しいな。いや、在校生なんだから、また制服姿を見せてほしいぞ。

 

(記憶、記録間違いがあったら教えてください。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました